『蒙古タンメン中本』町田店の激辛ラーメンが病み付きな件

町田,ラーメン&つけ麺

『誠スペシャル』(850円)

そして『蒙古タンメン中本』のフラッグシップとなる、究極の一杯がコチラの『誠スペシャル』となります。

「誠スペシャルは、そう簡単には食べさせない!」

と、誠社長も言っていたので、まさに希に現れるレアキャラ要素の強い一杯でして、これを食べれたら”辛いの大丈夫な人”の称号を与える事が出来るレベルだと思います。

何せ辛さをエンジョイする為に、全ての野菜を廃したと言うソリッドな一杯でして、まさに突き抜ける辛さは『誠スペシャル』の名にふさわしいですね。

無論、『蒙古タンメン中本』の辛さを我慢して食べているうちは、到底辿り着けない『誠スペシャル』ですので、こればっかりは初見でオーダーするのはナンセンスだと思います。

逆に、この『誠スペシャル』が欲しくなる体質になったら、もう『蒙古タンメン中本』無しでは生きていけない体になった証しであるとも、言っておきましょう。

筆者の場合、この写真を見ているだけで唾液が出るほど、色々と刷り込まれてしまいました。

『蒙古タンメン中本』の限定を見逃すな!

毎月、何かしらの限定イベントをやっているので、そのタイミングを逃さないフットワークの軽さも重要でしょうか?

こちらの『チャーハン』は各半ラーメンとセットで860円、なかなかチャーハンとしての完成度も高いので見逃せません。

ちなみに筆者はラーメンを食べる時に米をさして欲しませんが、この『蒙古タンメン中本』のスープは米と相性が良いので、各種セットを駆使して自分の好みを組み立てるのも、これまたひとつの愉しみで御座います。

コチラは限定で”豆乳”を使った一杯となる『魚介豆乳タンメン』です。

豆乳を入れる事で辛さを抑えつつ、豆乳のコクがプラスされるので、非常に奥の深いスープとなっています。

逆に、尖った部分が豆乳に吸収されてしまうので、辛い奴を好んで食べている人には物足りないかもですが、時にはこの様な非カラのメニューを愉しむ余裕も、必要かなと思います。

限定のコラボラーメンも熱いぞ!

これは町田店じゃなくて、渋谷店の取材に行った時の『誠ファイア』ですが、見た目通りの凶悪さは否めません。

アメリカのドラマ『シカゴ・ファイア』は消防士の物語ですので、炎に見立てた”糸唐辛子”がエライ事になっています。

でも、ベースとなるスープ自体は『北極ラーメン』よりも辛くはないので、糸唐辛子の辛さがスープに溶ける前に消火すれば、意外とあっさり食べれますね。

詳しい事は『ガジェット通信』の方で記事化しているので、ソッチを読んでみたら良いと思います!

そして試食会なのに2杯目を御馳走になってみたりして!

こちらも美味しく完食&完飲で御座います。

誠社長、ご馳走様でした!

『蒙古タンメン中本』 総評

料理を食べずに批評するのは、映画を観ずに批評する様なモノでして、まずは食べてみない事には何も始まらないと思います。

そして、大抵の人は1回で諦めてしまうのですが、そこを何度か挑戦してモノにすると、新たな人生が開けちゃったり開けなかったりするのです。

ま、辛いラーメンを食べる事が偉いって訳ではないのですが、筆者の様なライターの場合は自分の守備範囲が広がるので、この『蒙古タンメン中本』で得たモノは少なくないと感じています。

あ、あと基本的に『蒙古タンメン中本』の上の方は、確実にお腹に来るので食前食後にヨーグルトや牛乳などの乳製品で、胃腸のケアをした方が良いとアドバイスしておきましょう。

以上です。