『肉焼屋たるいち』ワンタン叉焼麺のチャーシューとワンタンが美味しかった件@相模原

『肉焼屋たるいち』矢部

神奈川県相模原市中央区矢部2-26-11

営業時間 12:00~14:00 17:00~22:00

定休日 火曜日

『肉焼屋たるいち』Googleマップで表示

こんな場所でラーメンですと?

車とかバイクって乗っていると、どうしても大抵は同じ道ばかり走ってしまうモノでありまして、道が空いているとか走りやすいとか様々な要因で固定されてしまいます。

しかし!

この日はなんとなく、いつもと違う通りを走ってみた次第です。

昔、ここら辺にはスーパーマーケットか何かがあった様な?

さらに向かいにあった謎の料亭みたいな建物があった感じでして、昔々はここら辺いるイラン人からクスリを買えたとか買えなかったみたいな噂がありましたね。

ま、今となってはこの”お米の無人販売機”が残ってるくらいでして、飲食店以上に個人経営のスーパーマーケットみたいなのは大変な時代で御座います。

そして!

大変と言えば先日の台風でして、相模原もちょいちょい被害を受けていたのですが、あえて言おう!

「多分、この店の被害が一番大きかったと!」

と、言う訳でなんか台風で隣が吹っ飛んだっぽく、バリバリに工事中な感じでしたが、暖簾が掛かっているので営業してるんでしょうかね?

『ワンタン叉焼麺』700円

暖簾をくぐるかどうかで悩んでいたら、隣で工事してた人が「今日はラーメンしか出来ないんですけど、いいですか?」みたいな感じでして、店主自ら工事してた可能性……あると思います。

ま、最初からラーメンを食べるつもりだった筆者的にはノープロブレムでして、『ワンタン叉焼麺』をオーダーしてみた次第です。

ってか、店の外と中でメニューが違う様な?

良く見ると”麺増し、ネギ増し、背脂、鶏油の追加無料!”(冷麺は対象外)みたいなのが書いてあったので、そこは麺増し1択で御座います。

結果、こんな感じで。

ほほう……なかなか良い感じのビジュアルでして、これで700円なら有りなんじゃなかろうか?

一応、ネーミング的には『ワンタン叉焼麺』ですが、チャーシュー的には1枚でして、厚みこそあった美味しいのですが、やはりチャーシュー麺で1枚は寂しいかな?

ま、ワンタンが入ってて700円ならチャーシューはオマケって考えれば、特にディスる要素ではないですし、チャーシュー自体はかなり美味しいので普通のワンタン麺だと思えばノープロブレムかなと。

スープの方は……まあ、ラーメン専門店に比べると弱いかなとは思いますが、中華料理屋さんのラーメンと同じくらいですので、ラーメン的には有りだと思います。

そんなに強くはないので分からないのですが、牛骨も使っているんですかね?

(なんとなく味が丸いので)

特にクセのないスープなので誰もが食べられる味だと思います。

麺の方はやや縮れの入った中細ストレート、麺増しにしたら結構イイ感じの麺量だったので、やはりコスパは高いと思います。

そして!

筆者の好きなワンタンですが、これが肉々しい感じでして、『味の大西』で育った筆者的には好きなタイプのワンタンで御座います。

ワンタンって確かに皮の美味しさと言うか食感を愉しむって部分もあるのですが、やはり筆者は肉がギッシリ入った餃子みたいなワンタンが好きなんですよね~

ご馳走さまでした!

『肉焼屋たるいち』総評

そこまで美味しいを連呼する感じでは無いかもですが、ワンタンが良かったので筆者的には再訪確定で御座います。

そもそもが焼肉屋さんですので、ラーメンにそこまでを求めませんし、なんなら他の定食とかも美味しそうなので、そこら辺でもワンチャンあるんじゃなかろうか?

今現在、台風の影響で席数が少ない感じですが、隣が復活すればそこそこの広さになりそうですし?

塩とかも種類が多くて、”塩で食べさせる焼肉屋”って可能性を考えると、焼肉の方も気になる筆者です。

って事で「そんな所に店あったんかい!」みたいな感じの『肉焼屋たるいち』ですが、ランチ営業もしているので是非みなさんも食べに行ってみて下さい。