『南京亭』担々麺と手作りジャンボ餃子でランチしてみた@相模原橋本店

『南京亭』相模原橋本店

神奈川県相模原市緑区橋本1-19-1

営業時間 24時間営業

定休日 年中無休

『南京亭』Googleマップで表示

24時間営業のチェーン店『南京亭』

基本的には個人店から紹介しておく感じの当サイトですが、チェーン店にはチェーン店のメリットがある訳でして、筆者もまったく利用しない訳ではありません。

と、言う訳でコチラの『南京亭』相模原橋本店は大きな駐車場、さらに24時間営業と便利な事この上ない可能性……あると思います。

『担々麺』醤油695円

どうでしょう?

ちなみに『南京亭』の担々麺には醤油(695円)と味噌(769円)がありますが、そこは安い方を食べるじゃない?

見た目、しっかりした担々麺ですが、ベースの醤油ラーメン的なスープが清湯系でライトなので、ラーメン的には軽い方だと思います。

ですので担々麺を自分で作る派の筆者的には物足りない感が芽生えますが、まあこんくらいの味ならばディスるほどでは無いでしょうか?

ま、麺量はしっかりあるので「腹を満たす」みたいな必要最小限の目的は達成されると思います。

ちなみに辛さの方も控え目ですので、まあ無難な所を狙った担々麺って事でFAですな。

『手作りジャンボ餃子』399円

正直、今回は担々麺の方はオマケみたいなもんでして、メインはコチラの『手作りジャンボ餃子』である可能性……あると思います。

ちなみに4個(399円)と2個(204円)がチョイス出来るのですが、2個じゃチョット寂しいかなと思い4個にしてみました。

ほほう……なかなかしっかりした感じの餃子でして、その大きさも素敵なのですが、厚めの皮のムチムチ感、しっかり焼き目の入った皮のグラデーションもイケてると思います。

気になる味の方ですが、白菜主体でニンニク少な目、そこまでパンチのある味ではありませんが、やはり大きさから来る満足感と白菜の旨味と甘み、チェーン店にしてはなかなか美味しい餃子かなと。

このくらい”餃子感”のある美味しい餃子であれば、餃子マニアの筆者も食べたい感じでして、『南京亭』の餃子はそこそこ薦められると思います。

ご馳走さまでした!

『南京亭』総評

まあ、相模原で餃子と言えばオダサガにある”ホワイト餃子”系列の『萬金餃子』がメジャーですが、この『南京亭』の餃子にもファンは存在するらしく、スルー出来ない可能性……あると思います。

筆者的には誰も知らない『宝珍』の餃子が一番好きなのですが、『南京亭』の『手作りジャンボ餃子』は認める所で御座います。

しいて言うなら各種お得なセットメニューはあるものの、肝心の”餃子セット”みたいなのが存在しないのは如何なモノかと存じます。

あと今回もチャーハンを食べようかなと思っていたのですが、『南京亭』はジャーハン(炊飯ジャーで炊いたチャーハン)を中華鍋で再加熱するスタイルだったので、即座にメニューを変更した筆者でして、結構イイ値段のチャーハンなのにソレってどうよ?と思った事は、正直に報告しておきましょう。

そんな感じでチャーハンは無し、担々麺はギリって感じの『南京亭』ですので、やはり『手作りジャンボ餃子』狙いが正解だと思うので、餃子モチベの人は食べに行ってみて下さい。