【ラーメンショップ椿】ラーショを食べに小金井まで行くのってどうなの?【らあめん専門店つばき】

『ラーメンショップ椿』(らあめん専門店つばき)

東京都小金井市貫井北町3-33-11

営業時間 9:30~翌1:00

定休日 年中無休

『ラーメンショップ椿』Googleマップで表示

今、ラーショがキテる!

ま、あくまでも筆者の中ですが、ここ最近”ラーメンショップ”をテーマに活動してみた所、なんかラーショって熱いよねって結論に到達しました。

と、言う訳で今回は思い切って東京都の小金井市まで遠征してみた感じでして、控え目に言って鬼遠いのですが、美味しいラーショと言う事ならば『ラーメンショップ椿』は絶対に外せないので、頑張って行ってみた次第です。

え~、ラーショと言っても様々なラーメンショップがありまして、一応は大田区にあった『椿食堂』がラーメン屋さんに転向、『ラーメンショップ』となり、その後は『GOOD MORNING ラーメン』になったとの事。

で、いわゆるチェーン店と言うかフランチャイズの『ラーメンショップ』(登録商標)があちこちに出店し、さらにそこから派生したオリジナルなラーメンショップなどもオープンし、現在に至る訳ですな。

ですので椿系列って言われるラーショは、ニンニクとか豆板醤の容器が本部から購入している奴を使う事が多いのですが、実は絶対に本部から仕入れなければならないってルールは無い様でして、麺とかも店舗ごとで仕入れを決める事が出来るらしいです。

って事でして、ラーショの本流である椿系列も見分けるのが難しいのですが、とりあえず系列店でないと、あのニンニクと豆板醤は手に入らないっぽいので、そこら辺で見分けるしかありません。

ま、看板で喰うラーメンではないのでラーショはラーショ、美味しい店なら椿系列でも亜流でも、食べる側には関係ないかなと。

ちなみに『ラーメンショップ椿』は謎の店舗構成でして、基本的には向かって左側のみで営業、混んで来たら右側も使うみたいにフレキシブルな運用がされているっぽいです。

『ラーメン中』680円

コチラが『ラーメンショップ椿』の『ラーメン中』となります。

如何でしょうか?

ちょっと写真だと縮尺が分かりにくいのですが、かなりのボリューム感でして、実質”ラーメン大盛り”に総合すると思います。

ん~……今回は美味しいと知ってて来た訳ですが、確かにこのビジュアルからは美味しい予感しかないですな!

しっかりと乳化したスープに浮かぶ背脂感……これが『ラーメンショップ椿』の味って事でして、ラーショの中でもかなり濃厚なスープかなと。

とは言え、雑味も少なく純粋にスープの旨さ、濃さを感じるので比較的、誰にでも食べやすいラーショだと思います。

あとラーショでメンマってちょっと新鮮な感じですが、あったら嬉しいアイテムですので良しとしましょう。

ワカメもイイ感じでして、これなら『ワカメ中』(700円)がデフォルトでも良いんじゃなかろうか?

チャーシューも申し分なしの美味しさでして、スープとの相性も抜群で御座います。

麺の方は細麺ストレート、特にコールなしの普通でオーダーした訳ですが、やはり麺量があるラーショ系は”硬めコール”も有効かもです。

もっとも筆者は店のデフォルトこそ、そのラーメンが一番美味しい状態であると信じて疑わないので、滅多な事では麺硬めとかしませんけどね。

ん~……ラーショって基本は中細麺、ないし細麺なのですが、この『ラーメンショップ椿』に関しては細麺ってジャンルで良いかなと。

ゆえにスープの運びも抜群でして、まさに”ラーショの王道”って感じの食べ応えだった事を報告しておきましょう。

ご馳走さまでした!

『ラーメン中』総評

まさに文句なしの『ラーメンショップ椿』でして、これは片道1時間半かけて行く価値があると思った次第です。

若干、ちょいとスープが塩っぱいかなと思ったのですが、むしろこのくらいがラーショかなって思うので、そこは好みの問題かなと。

昨今、様々な意識高い系のラーメンがある中、どうしても”ラーメンショップ”の地位は低く見られがちですが、本当に美味しいラーメンショップは中途半端な店よかよっぽどラーメンとして美味しい事を、あらためてアピールしておきたい筆者です。

と、言う訳で噂通りの美味しさだった『ラーメンショップ椿』でして、まあラーショを語るなら1度は食べておきたい名店って事でFAで御座います。

そんな感じで超オススメな『ラーメンショップ椿』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。