【KAMA】『麺でる』”釜玉麺”500円は神価格だと思うのですが?【TAMA】

『麺でる』辺りでどうでしょう?

ま、相模原市民歴が長い人は誰もが知っていると思うのですが、ここ最近引っ越して来たとかって人も一定数居ると思うので、あえて言おう!

「相模原のラーメン屋は月曜日休みが多いと!」

気が付けば今日は月曜日……オキニのラーメン屋が営業してないってパターンを何度喰らった事があるのかって話でして、わりと月曜日の掟を忘れちゃいがちで御座います。

だが、しかし!

別に相模原市内、全部のラーメン屋が営業してない訳ではなく、例えば『中村麺三郎商店』とか『麺でる』は営業しているので、そこら辺でワンチャンあると思います。

と、言う訳で久し振りに相模原の『麺でる』に行って来ました。

まあ、一通りのメニューはコンプリートしたので、ここ最近は御無沙汰ですが、『麺屋 歩夢』は今現在”日曜日&月曜日”が定休日ですので、ガッツリ逝くなら『麺でる』が手軽かなと。

特に何が変わった訳でも無いのですが、今は限定ラーメンを2種類やってるので食べてみようかなと。

『釜玉麺』500円

こんな感じで、どうでしょう?

今は亡き『ラーメン学』的なラーメン屋さんで、釜玉的な何かを食べた事があるので、なんとなく形は予想出来ていたんですけども、何も知らない人にとっては「ラーメンで釜玉?」みたいになると思うので、記事化してみた次第です。

え~、ちなみに『麺でる』の公式Twitterによると、麺量は茹で前で300g、注文は券売機ではなく現金500円のみ対応。

一応、麺増しは口頭で注文、麺増し料金は”募金箱”に入れるシステムの模様。

ちなみに今回のコールは”ニンニク”のみでして、そもそも『釜玉麺』自体が野菜レスなのでヤサイコールは無効で御座います。

さらに補足すると『麺でる』的オススメは”魚粉”トッピングだそうで、言えば”アツモリ”(麺を水で締めない奴)も可です。

もっとも筆者、猫舌ですし水で締めた方が好みなので、そこはデフォルトで食べさせて頂きますが。

ま、何せラーメンのタレと言うかカエシと”生卵1個”のみと、究極的にシンプルなラーメン的な何かですので、純粋に「麺の美味しいさ」を味わう為のメニューかなと。

一応はカエシを回しかけてありますが、やはり丼の底から混ぜないと味が薄いので、そこら辺は食べる側が頑張ってみる方向で!

あと、大事な事なんで一応は書いておきますが、茹で前300gってちょいちょい多くて、いわゆる『ラーメン二郎』の小に相当しますね。

言うまでもなく『麺でる』も二郎インスパイアと言うかG系ですので、まあ300gってボリュームも納得なのですが、あえて言おう!

「500円は神価格であると!」

確かに具がほとんど無いので「別に安くないんじゃね?」みたいな声もあるかもですが、基本的にコッチ系の”汁なし”とかって、スープ無いのに割り引きどころか割増しされる感じでして、500円ってのは超良心的だと思います。

もっとも、つけ麺と同じでラーメンよりもオペレーションが増えるので、値段が上がるのもやむを得ないかもですが、「スープ無しで原価安い分は何処に行ったのか?」みたいに思えなくもないですよね~

と、言う訳で気になる味の方ですが、麺とカエシです。

いや、そんなに深い味では無いので、そこまで語る要素は無いのが正直なところでして、ぶっちゃけ尺を稼ぐ為に色々と語ってみたまでの事……。

言うても『麺でる』相模原店の麺はなかなか好評でして、昨今はどんどん細く、と言うか薄くなる最近の『ラーメン二郎』と比べても、麺の美味しさって事では侮れないんじゃなかろうか?

だが、しかし!

味付けも超シンプルですので、さすがに6割7割食べたくらいで”味変”したくなる衝動はあるでしょうか?

かと言って、無課金だからとあれこれトッピングするのも『釜玉麺』の本来の趣旨から外れる気がして野暮ですし……そこら辺が悩みどころでしょうかね?

一応は”ブタ増し”は食券でイケると思うんで、そこでワンクッション入れるとか?

今回、あえて”アブラ”はコールしなかったのですが、そこまでサッパリ感を求めないならアブラはあった方がベターかもです。

もっとも、冷たい麺に動物性のアブラ(背脂)は重く感じると思うので、諸刃の剣だとは思いますが。

ご馳走さまでした!

『釜玉麺』総評

と、言う訳でこのまま食べると最後の方は飽きちゃう可能性も否めませんが、あれこれトッピングしたりすると、それはそれで『釜玉麺』の趣旨から外れて、ただの”汁なし”系になっちゃうのが悩ましい感じでしょうか?

ちなみに筆者の今回のコンセプトは、まさに蕎麦の如く「麺の美味しさのみを味わう!」みたいな方向性ですので、逆にコッチ系のラーメンとしては異例なほどにアブラ感が無い為、かなりサッパリ食べられた事も報告しておきましょう。

しかも!

一切の無駄がないシンプルな『釜玉麺』は500円……ワンチャンあると思います。

そんな感じで『麺でる』に初めて行って『釜玉麺』はちょっとアレですが、逆に何度も『麺でる』で食べてる人は必食だと思う『釜玉麺』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

『麺でる』@相模原店

神奈川県相模原市中央区中央6-13-6

営業時間 11:00~14:30 17:00~22:00

定休日 火曜日

『麺でる』Googleマップで表示

2019-05-20相模原,ラーメン&つけ麺

Posted by yellow