バイク買い取り業者がまたチラシを貼りに不法侵入して来たので電話した

ブログ&レビュー

不法侵入は許さない!

はい、と言う訳で今年も恒例の季節がやって来たので、あえて言おう!

「またバイク買い取りのチラシが貼られてたと!」

大体、いつも5月くらいにヤツらが来るのは、新年度で会社作ってバイト募集して今って感じなんですよね~

なんと言ってもポイントは「年度ごとに新会社を設立する」って所でして、所詮はまっとうな商売してねぇなって事ですよ。

と、言う訳で今年も不快な輩が不法侵入して来たので、再び対策を書いておきます。

まず写真を撮る

スマホでも良いので証拠写真として、業者がバイクにチラシを貼り付けたままの状態で写真を撮ります。

この時、マンションの駐輪場とかだと他のバイクにも貼られているので、全体的な写真も撮っておきましょう。

その後、チラシはなるべく指紋を付けないようにして保管しておきます。

(業者の指紋があるかは謎ですが念の為)

買い取り業者に電話する

フリーダイヤルの番号に電話します。

携帯の番号を知られるのは嫌な場合は公衆電話でも可です。

自分「バイク買い取りのチラシが貼ってあったのですが?」

業者「有り難う御座います。どの様なオートバイの売却を検討でしょうか?

自分「失礼ですが、担当者様のお名前は?」

業者「買い取り担当の〇〇です。」

自分「そうですか。ってか、お宅はなんでウチの敷地に無断で侵入してます?」

業者「はい?」

自分「無断で侵入してバイクにチラシ貼りましたよね?」

業者「はい……。」

自分「それでは2度とウチに侵入しない事を誓約して頂けますか?」

業者「……分かりました。失礼ですがお住まいは何処でしょうか?」

自分「相模原です。この会話は全て証拠として録音しています。もし次にお宅のチラシが貼ってあったら弁護士同伴で警察署に行くので、2度と不法侵入しないで下さい。いいですね?」

業者(キレ気味に)「はい。」

大体、いつもこんな感じでOKです。

まあ、なんならいきなり警察に行ってもいいし、お巡りさんを呼んで現場を見て貰って「業者が侵入した」って事実を、第三者に確認して貰った方が良いのですが、日本の警察も忙しいので、とりあえずはこの辺で手を打つのがベターです。

コッチもキレ気味に電話すると、向こうは大抵「はい。はい。」くらいの感じで相槌しか打たなくなるので、自宅の詳細な住所まで言う必要はありません。

これをやられると業者は”相模原”で迂闊に活動出来なくなるので、あえて住所をピンポイントで言わない事で、犯罪者の活動を停滞させる事が可能で御座います。

ちなみに今回、このバイク買い取り業者に電話した所、「チラシ業者に出しているので良く分からない」?そうですが、とりあえず2度とウチに侵入させないと言ったので、2度目は絶対に許さないんでヨロシク!

ってか、今回は詳細な住所を聞かれたのですが、なんでも「入ってはダメな家のリスト」をバイク買い取り業者で作ってるそうです。

まあ、それ以外なら不法侵入して良いって考えてる時点で頭がおかしいと思うのですが、ぶっちゃけ「そのリストに入らなければ永遠に不法侵入して来る」って事ですので、何はともあれクレームの電話を入れましょう。

(このリストに入ってる家は防犯意識が高いって事で、その情報が窃盗グループに流れるかも?)

結局は繰り返しですけども!

と、言う訳で電話して「2度と無断で敷地に侵入しない」と口頭でも言わせておけば、その業者は来なくなるんで、チョット面倒でも愛車と治安を守る為に、チラシが貼られたら必ず電話して下さい。

ちなみに自称、バイク買い取り業者を名乗る輩は、実は盗難するバイクの下見をしてる説もあるので、「チラシを貼られるくらい別にいいか?」みたいな軽い気持ちでいると、自分のバイクを盗まれる結果になるので要注意です。

とりあえず中古車の買い取り販売をする場合、公安委員会の許可(古物商)が必要になるので、もし警察に不法侵入した事で罰せられると、会社的には終了になります。

ま、もっとも中身は同じで代表者の名前だけ変えて、また同じ様にバイク買い取り業者を名乗って盗難の下見や窃盗に励むとは思いますが、こうして手間を掛けさせる事が抑止力になるかなと。

自分も古物商の免許を申請した事がありますが、まあ前科とか無ければ簡単に許可降りちゃうので、経歴が白いヤツをとりあえず代表者にすれば、同じ組織が何度でも復活出来るんですけども。

なお、法律的にざっくり調べた所、玄関先やポストの辺りまでは誰もが(NHK、宗教の勧誘等でも)侵入出来るのですが、それ以外の自宅の庭や駐輪場、駐車場は無断で誰でも入れる訳ではない模様。

ですので、名指しで警告し「2度と無断で侵入しません」と言わせた後で侵入されたら、前回の証拠のチラシと会話の録音を用意し、警察に電話するとお巡りさんが現場を確認に来るので、そこでヤツらは終了となります。

ってか、こういうのって初犯で逮捕してくれませんかね?

実際、中古車買い取り業者を名乗れば、誰もが他人の敷地に無断で侵入し、バイクや車を触れる状態ってのはダメでしょ?

これがOKならば「リフォーム業者です」と言えば、誰の家の敷地にでも侵入可能になってしまう訳でして、駐車場や駐輪場だからOKとはならないはず。

そんな感じで警察の方にも頑張って欲しいと言うか、こういう不法侵入の証拠を残すチラシを貼る業者に、広告を依頼する様な輩に公安委員会の”お墨付き”を与えるとかおかしいので、そこら辺は厳しく取り締まって欲しいと思います。

ここら辺、みんなで相模原警察署……の上の神奈川県警辺りに電話しとけば、警察の方も動いてくれると思うんで、自宅に不法侵入されるのが嫌な人は、とりあえず警察に文句を言うのではなく「自宅に不法侵入する人が居るので相談なのですが?」みたいな感じで、フワフワした体で言うと効果あるので、バイクや車の盗難、空き巣の被害に遭いたく無い人は、なるべく行動して欲しいかなと。

ま、警察までは面倒でも、とりあえず業者に誓約させないとヤツらは何度でも来るので、そこだけは実行して欲しいと思います。

終わり。