『北海味噌ラーメン』餃子&みそラーメン@小田急相模原

『ギョーザ』350円

こんな感じで、どうでしょうか?

ラーメンもオーダーしたのですが、微妙に餃子先行で来たので先に食べちゃうスタイルで御座います。

まあ、こういうのは揃ってから写真を撮るのがセオリーですが、それだと写真的には映えると思いますが、やはり料理はアツアツな方が美味しいですからね!

ちなみに『北海味噌ラーメン』の餃子は注文が入ってから都度、包む感じになっています。

ん~……見た感じ、かなりのニラ感ですな!

実際の味もニラの風味がニンニクに勝つレベルでして、見た目通りの美味しさで御座います。

皮が結構美味しくて、薄皮派なら必食だと思います。

『みそラーメン』600円

と、言う訳で味噌ラーメン的なのも食べてみましょう。

まあ、やはり北海道みたいな漠然としたイメージだと、なんとなく函館の塩とか、旭川の醤油ではなく、多くの人の脳裏に浮かぶのは札幌味噌ラーメンですが、あえて言おう!

「別に北海道のラーメンではないと!」

そもそも看板も『北海ラーメン』、もしくは『北海味噌ラーメン』ですので、あくまでも北の方の海的な何かで御座います。

ほほう……コレはなかなか良いグラフィックじゃなかろうか?

確かに昨今のイケてる味噌ラーメンに比べるとシンプルかもですが、昔々のラーメンってこんな感じですので、一周回って昔懐かしいビジュアルとして良いと思います。

あえて味玉ではなく茹で玉子ってのも懐かしいですし?

気になる味の方ですが、最初の一口目は味噌汁を彷彿させる雰囲気ですが、口が馴れて来るとだんだんラーメンになって来ます。

ん?

ソレって大丈夫なのかって疑問も有りますが、そもそも味噌汁と味噌ラーメンのスープの違いって、動物系の出汁の有無と言うか強さ&脂感ですので、サッパリ風味の味噌ラーメンだと、まあこんな感じになりますかね?

ま、確かにもっと豚骨とかがガツンと来ると、ソレっぽい感じになると思うのですが、恐らく『北海味噌ラーメン』は昔からこの味だと思うので、これもオダサガの味って事で個人的には有りだと思います。

麺の方も安定のヤワ茹でですが、麺カタとかもわりと新しい文化ですので『北海味噌ラーメン』的にはコレが正解!

ご馳走さまでした!

『みそラーメン』総評

わざわざ遠方から食べに行くって感じの『北海味噌ラーメン』ではありませんが、小田急相模原ら辺に縁がある人は「オダサガの歴史を食べる!」みたいな意味で必食だと思います。

ちなみに壁のメニューには定食とかもあるし、ちょいちょい酒に合うメニューも有るのはポイントでしょうか?

チューハイ(麦茶割り)400円とか、オダサガライクで素敵じゃない?

そんな感じでオダサガ愛があるなら必食の『北海味噌ラーメン』ですので、とりあえず1回は食べに行ってみて欲しいと思います。