『福富』ラーメン&ライス&コロッケで500円!餃子は300円ですと?

『ラーメン・ライス』税別500円

こんな感じで、どうでしょう?

ランチ限定とは言え、フルサイズのラーメンにライスが付いて、かつ白身魚のフライかコロッケがチョイス出来て税別500円、すなわち540円とか神じゃないすかね?

ん?

週替わりサービスのカツ丼は税込みなのに、こっちは税別?

みたいな事も一瞬気になりますが、まあ激安である事は揺らがないので、細けぇ事はいいんだよの精神で乗り切りたいと思います。

ほほう……。

ちなみに『福富』のラーメンは単品だと税別400円、令和な時代では激安価格と言っても過言ではありませんが、ラーメンとしての基本は抑えている感じでしょうか?

気になる味の方ですが……ちょっとスープがリーンかな?

だが、しかし!

今の時代でこの値段なら、もう麺が入ってるだけで有り難いと思うので、そこまでは追求しないでおきましょう。

コロッケの方も業務用コロッケと思われ、特に特筆すべき点は無いかもです。

ま、ライスとラーメンだけでも500円なら安いので、コロッケはオマケと思えばいいじゃない。

『餃子』税別300円

「大丈夫だ、問題ない。」

町中華のラーメンがそこまでイケてないのは基本的に想定の範囲内でして、むしろメチャ美味しい方が珍しいくらいですので、ココまでは予定通りの展開で御座います。

むしろ!

町中華でも店によっては普通に500円とかカマしてくる餃子が、今でも300円とかコッチが本命な可能性……あると思います。

と、言う訳で読者的にも「餃子300円なら食べてみたい!」って人は多いと思うので、300円の餃子(手作りの場合)は基本的に発見次第食べる方向で良いじゃない。

ん~……なかなかパンチと言うかメリハリのある餃子でして、これで300円なら食べる1択で御座います。

ココでさっきのライスが光って来ますね~

ご馳走さまでした!

『ラーメン・ライス』総評

と、言う訳でコスパ最強な『ラーメン・ライス』に餃子を足しても、お値段864円?くらいですので、やっぱ『福富』はリーズナブルだな~と思った次第です。

勿論、チェーン店とかだと業務用餃子と言うか、大量に工場で作った風な餃子とかで300円ってのはあるでしょうが、ちゃんと手作りした餃子が300円って店は結構貴重ですので、餃子マニア的にも注目の『福富』じゃなかろうか?

そんな感じでカツ丼の記事こそコケた感は否めないのですが、この『福富』の真骨頂は激安定食とか餃子かなと思うので、何はともあれ是非みなさんも食べに行ってみて下さい。