淵野辺商店だと思ってたら『淵野辺家』だったけどもラーメン食べた

相模原,ラーメン&つけ麺

『ラーメン(並)』680円

こんな感じで、どうでしょう?

まあ、最初っから冒険するのも一興ですが、やはりラーメンとしての魅力と言うか価値を計るなら、まずはベーシックスタンダードなヤツが美味しくないとですからね~

ん~……一応、具材的なのは『町田商店』系列は同じな訳ですが、こうして見ると盛り付け方が微妙に違いますな~

まあ、個性と言うよりは作る人の気分とかムラな気がしないでも無いけども。

あとはウズラの卵とか?

さて。

『町田商店』系列連チャン2食とか、ちょっとした罰ゲームだと思いますが、そこは気分を一新して、真っ新な気持ちでラーメンを食べてみた結果、あえて言おう!

「相模原商店と同じ味がすると!」

いや、むしろ別な味だったら驚きですが、そりゃスープもタレも麺も同じなら、ほぼほぼ同じ味のラーメンになるでしょうがよって話ですよ、お客さん!

逆に?

ライス無料で20円安い『淵野辺家』の勝利は確定だと思うんですけれども、どうでしょう?

麺はまったく同一でして、ここら辺も『町田商店』系列かな~って。

しいて言うなら、この『淵野辺家』の方が『相模原商店』よか、鶏油感は低めで御座います。

あ、あと人によっては大事な事かもなので書いておきますと、この『淵野辺家』はわりと淡々とラーメンを出す感じでして、いわゆる『町田商店』系列の「いや、オメーらインスタントラーメンを盛り付けてるだけなのに、やたら元気じゃね?」みたいな変な体育会系っぽいノリが無いのは、むしろ好評価で御座います。

ご馳走さまでした!

『ラーメン(並)』総評

ま、ラーメン自体は家系ラーメンとは言い難い感じでして、まったくもって『町田商店』の味ですが、微妙に値段が安かったり、ライス無料でお替わり出来たり、オンリーワンなオリジナルメニューがあったりと、そこら辺の差で個人的にはコッチ系ならオススメしたい『淵野辺家』で御座います。

しいて言うなら、前のラーメン屋(マッハで潰れた)の居抜きでして、ちょっと内装がボロいので、そこら辺をリニューアルしてみたら、もうちょっと家族連れにも利用しやすいかな~って。

と、言う訳で工場スープでヌルい感じの『淵野辺家』ですが、まあ筆者は猫舌ですのでそれはそれでって思う瞬間も有りますし、なんか色々と気になるメニューがあるので、また食べに行ってみよかな~みたいな感じで、どうでしょうか?