『海苔カツオ飯』を食す!@思い付いたらクッキング

新企画「思い付いたらクッキング」

流石に台風で何処にも行けない為、ネタ的な何かが無い感じですので、あえて言おう!

「思い付いたらクッキングですと?」

なんとなく思い付いた企画ですが、まあネーミングの通りに「思い付いたらクッキングする」みたいな自由奔放な感じですが、一応はルールを決めました!

1……細かい事はキニシナイ

2……調べたりしない

3……後先考えない

4……責任は取らない

5……残さず食べる

こんな感じ。

なんと言うか、ルールであってルールでないみたいな感じですが、それが逆に恐ろしい可能性……あると思います。

ま、今の時代はネタとしてWEB上には、こういうクッキング系も多々ある訳ですが、その多くは「こうやったら美味しくなるよ!」みたいな感じでして、わりと他の似た様なレシピを調べたりパクったりしてる毒にも薬にもならない平凡な記事が大半で御座います。

逆に?

それゆえ「激マズレシピ」みたいなのは、あえてソレを白々しく狙った3流ネタ記事以外は存在しない感じでして、エビデンス皆無のクソ記事とかは多々ありますが、それなり食べれる風なレシピが多い訳ですよ。

つまり!

この平々凡々とした「クッキングブログ」みたいなジャンルと言うか、生温い湯に浸かった現状に、新たな風を吹き込むみたいな感じの企画が「思い付いたらクッキング」でして、失敗を全く恐れず新しいレシピを開拓すると言う”フロンティアスピリッツ”溢れる、まさに男気企画は賞賛に値すると思うんですよね~

まあ、あえて何も調べず料理するんで、場合によっては先駆者が居るレシピだったりする可能性はあるのですが、まあ細かい事は気にしない方向で!

ってか、読む側は結果が美味しくても不味くても「ふーん」で済むかもですが、例え失敗すると思ったレシピでも作らなきゃならないとか、やる側にはリスクしか無いんですけども?

『海苔カツオ飯』

と、言う訳で今回のテーマと言うかきっかけですが、前に即席ラーメンのレシピでもやろうかと買った”バラ海苔”みたいなのが鬼余っていたので、ふと「これとカツオ節で御飯炊いたら美味しいかな?」とか一瞬思ってしまいました。

いや、そこは普通に出汁を別にとって炊き込み御飯風にするとか、別にカツオ節と海苔は一緒に炊かなくても良いじゃんって思うでしょうが、あえて言おう!

「思い付いちゃったんだから仕方無いと!」

そう。

人はそうやって「こうした方が美味しいんじゃないのか?」みたいな事を立ち止まって考えるから、世の中のレシピが似たり寄ったりになる訳でして、生まれたままのアイデア100%で万歳突撃したら、もしかして世間があっと驚く素晴らしい料理が生まれるかもって話ですよ、お客さん!

って事で、キャンプのみならず、いつも1人前炊飯で活躍している”チェコ軍メスキット”みたいなので、まずは炊飯する準備などなど。

ま、鍋で米を炊くってのは同じなんで、あえてレシピは必要ないんですけれども、書く事が無くなっちゃうので書く感じ。

米150㏄に水190㏄で放置30分

醤油だけだと焦げるので味塩コショウで適度に下味

バター投入

カツオ節投入

バラ海苔投入

醤油を超少々(香り付け程度)

炊飯開始……以上です。

マジか!

適当過ぎるだろ!!

いざ実食!

もはや作ってる本人、不安しか無いのですがあえて言おう!

「思ったよりも上手く炊けたと!」

まあ、常に御飯は鍋で炊いているので、当たり前の結果と言えば結果ですが、なんて言うかネタ的には、もっとドロドロとしてるビジュアルみたいなインパクトは欲しかったかな?

だが、しかし!

全てをあるがままに受け入れるのが「思い付いたらクッキング」ですので、例え結果が平凡であったとしても、我が生涯に一片の悔いなしで御座います。

と、言うか?

個人的にはマズメシになる予定だったのですが、バターとコショウのおかげで微妙に美味しく仕上がってしまった可能性は否めず、むしろ全体の塩加減のバランスとかを見直したら、普通に美味しいレシピになってしまうポテンシャルを感じた次第です。

ご馳走さまでした!

『海苔カツオ飯』総評

結果、思ったよりも普通に食べれる『海苔カツオ飯』でして、むしろチョット研究したら美味しくなっちゃう可能性を見出した次第。

ん~……コレはコレで良かったのか悪かったのか?

だが、しかし!

写真が映えるとか映えないとか、ウケるとかウケないとかすら超越し、何も考えずに思い付いたままにクッキングしてナンボの企画ですので、まあ普通な結果に終わるってのも神の思し召しかなと。

と、言う訳で海苔とカツオ節を御飯と同時に炊くメリットはいまいち分からなかったし、なんなら普通に炊けた御飯にバターと醤油と海苔とカツオ節でいいじゃんって思ったので、みなさんは真似しない方向でお願いしたいと思います。