八王子『高尾山ビアマウント』の記事を片手間で書いてみた

『高尾山ビアマウント』@八王子

東京都八王子市高尾町2205

営業時間 15:00~21:00

毎年6月15日~10月15日くらい毎日営業

『高尾山ビアマウント』Googleマップで表示

高尾山に行ってみた!

ま、なんだかんだと高尾山のビアガーデン的な『高尾山ビアマウント』には、ほぼ毎年行っている感じでして、さりげなく当サイトでも超完璧な『高尾山ビアマウント』攻略記事を書いてあるのですが、あえて言おう!

「正直、あんま読まれてねぇと!」

ん~……こういう”お出かけ”みたいなライトなジャンルって、適当な”まとめサイト”とかの毒にも薬にもならない記事が検索上位に並ぶ感じでして、超頑張って攻略記事を書いてみたものの、まったくもって読まれてない感じで御座います。

ま、この業界は結果が全てですので、いくら「ウチの記事の方が中身が濃いんだからね!プンプン!!」と言った所で無意味でして、グーグル検索3位以下は全てゴミクズって事でFAで御座います。

と、言う訳でもう今年の『高尾山ビアマウント』は、別に記事化しなくても良いかな~って思っちゃうし、他にも色々と忙しいので後回しにしてた結果、今のタイミングになって思ったのですが、あえて言おう!

「まあ、記事化しとけば200円くらいになると!」

たかが200円。

されど200円。

その200円でカップラーメンを買い、そのカップラーメン記事をブレイクさせてラーメンの記事を書き、そのラーメンの記事をヒットさせてチャーシューメンの記事を書き、さらにGIGAヒットさせて鰻の記事を書ければ、それはそれで勝利ではなかろうか?

この”藁しべ長者”的な成り上がりこそWEB記事の基本の基でして、小さな記事からコツコツと積み上げるのが肝で御座います。

そうすればきっと、僕もあの青空の向こう側へ……

正直、書くのメンドー説ある

ま、確かにそんな感じで小さな記事でもコツコツと全力で積み上げるのが正解ですが、あえて言おう!

「記事書くのも結構な手間であると!!」

マジこれ。

ですので、明らかに200円くらいにしかならない記事とか、真面目に頑張れる訳がないじゃない?

むしろ、そこまで全力でやってたら成り上がる前に疲れ果てて、軽く白骨化してしまうわ、マジで!

と、言う訳で今回は200円ベースの文章な感じで、どうでしょう?

とりあえず……この『高尾山ビアマウント』は食べ放題なのですが、1ターン目は他の人達も料理を取りに行く為、チョー並ぶ事になるので盛れるだけ盛った方が効率良いと思います。

鶏の唐揚げは正義!

2ターン目はこんな感じで。

なんか1ターン目と大差無いかもですが、あえて言おう!

「基本、鶏の唐揚げは外せないと!」

まあ、筆者レベルで『高尾山ビアマウント』に通っていると、すでにマイ・フェイバリットメニューも決まっているので、あまり冒険する必要はありません。

むしろ?

シュウマイとかが現れたなら全力で取りに行くスタイルでして、そこら辺は容赦ない感じ。

案の定、このシュウマイはマッハで品切れになった感じでして、やはり『高尾山ビアマウント』の隠れた人気メニューである事を再確認した次第です。

後は秋刀魚とか?

ビールとか(略

3ターン(略

『高尾山ビアマウント』総評

はい、と言う訳でやけに中途半端に終わった感じですが、あえて言おう!

「ここら辺が200円の限界であると!」

ま、なんだかんだと異論はあると思うのですが、ぶっちゃけ『高尾山ビアマウント』のメニューは前回の記事で完全攻略しているので、ソッチを読んでみたら良いと思いますし、むしろ読んで下さいって感じでお願いしたい!

切実に!

いやね。

結局は「如何でしょうか?」で終わるクソ記事と言うかコピペ記事の弊害って、真面目に記事を書いている人達を駆逐してしまうってのが一番大きいかな~って思うんですよね~

実際、そういう所が検索上位になる様になってから、個人の面白いブログとかも激減した感じでして、コストをかけないコピペ量産記事に広告費が流れちゃうんで、もはや弱小には勝ち目が無いぞと。

ま、確かに「本当の良記事ならクソ記事よか検索上位になるんじゃね?」みたいに思うでしょうが、実際にWEBで検索するとウンコ記事ばかりが(略

と、言う訳でわりと不完全燃焼な今回の記事ですが、とりあえず伝えたいのは「唐揚げとシュウマイ喰っておけば間違いない!」って感じよりも、時には過去の記事の掘って読んでみてね!みたいなアピールですので、よろしくお願いしたいと思います。