【日清】フィリピンの『NISSIN RAMEN』を食べ比べ【即席ラーメン】

フィリピンの即席ラーメン

そう言えば記事のネタ用に買って来た、フィリピンの即席ラーメンがあったのですが、あえて言おう!

「余裕で賞味期限が切れていると!」

だが、しかし!

まあ、筆者の感覚では即席ラーメン系は1年くらいイケるので、まだ慌てる様な時間じゃない。

と、言う訳でせっかくですので『NISSIN RAMEN INSTANT NOODLES』的なのをレビューしようかな~って。

ちなみフィリピンにはフィリピンの食品会社が出している即席ラーメンも大量に売っていますが、カップ麺も含めて色々と食べてみた結果、やはり日本のメーカーのが味的には安定かな?

『BEEF FLAVOR』

と、言う訳でまずは『BEEF FLAVOR』から食べてみますかね?

まあ、そのネーミング通りに”牛風味”な感じでして、意外とフィリピンはチキンとかビーフの方が多いと思います。

ま、作り方は日本とほぼ同じですが、意外と茹で時間2分とか短めだったりと、やはり色々と日本の即席ラーメンとは違う部分があるかもですね~

中身はこんな感じ。

バッキリと割れていますが、まあフィリピンですのでこんなもん。

スープの袋にすら、何にも印刷されていないコストカットぶりですが、まだギザギザ加工されているだけ”日清”は親切だな~って。

400㎜の湯で茹でます!

2分後はこんな感じ。

まあ普通かな?

粉スープはこんな感じ。

まあ普通?

気になる味の方ですが……まあ、普通に美味しいかな?

と、言うか麺の方もなんとなく”日清”のカップヌードル感が無きにしも非ずでして、日本人でも普通に美味しく食べる事が出来ると思います。

若干、日本だと牛風味ってラーメンだと滅多にないので、そこら辺は違和感かもですが、まあコンソメ的なのの延長線みたいな風味ですので、そこまでコッテリな牛感ではないですな。

『SPICY HOT BEEF』

そして!

写真だと分からないかもですが、何気にこのシリーズは中身が少ない感じでして、1個だけでは微妙に物足りない可能性……あると思います。

いや、でもわりとフィリピンの即席ラーメンってこんくらいのサイズ感だし、タイも似た様なボリューム感ですので、逆に日本の即席ラーメンが大盛りって説も濃厚。

さて。

ぶっちゃけ先程のビーフが辛くなっただけだろう感しか無いのですが、あえて言おう!

「なんか汁漏れしてねぇですかと!」

流石の日清もフィリピンクオリティーになっちゃうのか~

まあ、実際にフィリピン人と仕事をしてた筆者的には、これも想定の範囲内ですが。

ぶっちゃけ麺は共通と思われ、こちらも茹で時間は2分で御座います。

そして2分後……そりゃ同じですわw

だが、しかし!

スープが2種類になった分だけ、色々と不安要素が増えた感は否めませんな。

うわ~……コレはそれなり辛そうなビジュアル。

結果!

まあ、普通に美味しいかな?

メチャメチャ辛いのかと思ったら、そこはフィリピンですので激辛って程では無かったです。

ご馳走さまでした!

フィリピン即席ラーメン 総評

と、言う訳でフィリピンの即席ラーメンを食べてみたのですが、一応は”日清”が監督しているだけあって、それなり食べて美味しい味にはまとまっているかなと。

とは言え?

最近の日本の即席ラーメンは第3世代と呼べる仕上がりでして、麺の方にも様々な工夫やコダワリが詰め込まれているので、そこら辺と比べるとやっぱ一昔前の味かなと。

そんな感じで手軽なフィリピン土産としては有りな即席ラーメンですので、是非みなさんもフィリピンら辺に行ったら買ってみて下さい。