【明星】銘店紀行『中華蕎麦とみ田 豚骨魚介の至宝』的カップラーメン雑レビュー

ブログ&レビュー

カップラーメンって便利だな!

まあ、筆者の場合は別に即席ラーメンみたいな鍋を使うヤツでも、十分に満足出来る感じなのですが、あえて言おう!

「コラボ商品はカップ麺しか無いからねと!」

つまりメーカーオリジナルのラーメンであれば即席ラーメンでも可なのですが、やはり有名ラーメン店とのコラボ商品みたいなのは、カップラーメン1択で御座います。

と、言う訳で本日も雑レビューな時間がやって参りました。

まあ、この雑レビューの存在に関しては賛否が分かれる案件ですが、時にはこういう感じのライトなレビューも書きたいな~と言うか、常にフルサイズの記事を書くのってスゲー大変ですので、書く側的には必要だと思います。

読む側的には……まあ、どうでも良い記事な可能性も高いのですが、”コンビニで手軽に入手出来る美味しさ”と言うジャンルも、今の時代ではそれなりの需要があるのではないか?みたいな可能性。

『中華蕎麦とみ田 豚骨魚介の至宝』

え~、今回はセブンプレミアムの『中華蕎麦とみ田 豚骨魚介の至宝』みたいなカップラーメンで御座います。

ん?

この”銘店紀行”ってネーミングのシリーズ……どこぞのタイミングで食べた様な?

中身の方はこんな感じ。

まあ、なかなか具沢山な感じですが、具のひとつひとつが小さい気がしないでもない。

とりあえず語る要素は少ないので、湯を注いで待つのみで御座います。

いざ実食!

こんな感じで、どうでしょう?

ん~……まあ、チャーシューっぽい何かとかが沢山浮いているので、それなり美味しそうに見えるかもですが、スープの香りはそんなにイケてる予感がない……気がする。

付属の後入れ的な調味油を入れても……まあ、透明だから写真的には変化ないかw

結構、粉が多いタイプのカップ麺だったので超混ぜてみました。

いや、混ぜ方ひとつでカップラーメンは味が変わる、と言うかソコでしか味が変わらないのですが、スープが底に沈んでいると正確な評価が出来ないですからね~

結果!

ん~……まあ、不味くは無いけれども『とみ田』では無いよね。

豚骨感も薄いし麺が全然違うので。

魚介感ブッ込んだら『とみ田』だろ?みたいなのは全然違うでしょうがよ。

いや!

そもそもカップラーメンと言う形で、あのスープや麺を再現出来るとは思っていなかったので、「まあ、こんなもんか?」みたいな諦め先行スタイルでして、想定の範囲内と言えば想定の範囲内ですが、正直言えばガッカリした。

『中華蕎麦とみ田 豚骨魚介の至宝』総評

まあ、不味くは無いけれども”セブンプレミアム”みたいに、チョット高い感じのカップラーメンとしての価値は無いかな~って仕上がりでした。

わりとセブンイレブン&『中華蕎麦とみ田』の商品はハズレないのですが、これは完全にノーグッドで御座います。

ん~……ってか、どうも『明星』の”銘店紀行”シリーズは再現度が低いと言うか、なんか商品開発力が足りてねぇ気がするですけれども、大丈夫なんですかね?

コレで?

なんかコレも前回食べた『横浜ラーメン六角家 家系伝承の味』みたいなのと同じで、どうもコラボ感を感じないと言うか、なんか『中華蕎麦とみ田』は監修してないんじゃないか説が疑われる感じでして、前回同様に”豚骨魚介の至宝”みたいな大袈裟な名前のわりには全然イケてねぇと思いました。

まあ、筆者の好みと『明星』のラーメンが合わないだけかもですので、気になる人は買ってみたら良いと思います。

終わり。

ブログ&レビュー

Posted by yellow