横浜『登良治郎』(とらじろう)小ブタ2枚的なG系ラーメンを食べる日

六角橋周辺って熱いよね!

なんだかんだと美味しいラーメンを求めて彷徨っていると、いつの間にか東急東横線の白楽駅、ってか六角橋ら辺に行き着く可能性……あると思います。

さらに言うとラーメンだけではなく、天丼とかカレーとか豚カツとか洋食とかの名店も揃っている感じでして、なんだかんだと六角橋ら辺はグルメ的にホットゾーンなんですよね~

と、言う訳でコチラも行こう行こうと思っていたけれども、なかなか行けなかったG系の『登良治郎』でして、やっと食べに行けた感じで御座います。

店内、変則的な感じですがカウンターのみの設定でして、まあ特にコレと言って特筆すべき事はないですかね?

券売機はこんな感じ。

『小ブタ6枚』のコストパフォーマンスの良さは特筆すべきでしょうか?

ブタ増し勢にはワンチャンあると思います。

卓上調味料はこんな感じ。

券売機には無かったと思うのですが、何気に現金トッピング的なのの守備範囲が広い感じでして、わりとカスタマイズの幅は広いんじゃなかろうか?

マヨネーズ無料トッピングは神かもですね~

『小ブタ2枚』800円

こんな感じで、どうでしょう?

なんだかんだと言うものの、結局はノーマルの『小ブタ2枚』を食べる感じでして、コールも「ニンニクで!」みたいな感じにしときました。

ま、なかなか丁寧な盛りっぷりでして、特にヤサイもコールしてないものの、イイ感じのボリューム感だと思います。

ブタの方もイイ感じでして、結構ホロホロに煮込まれていますが、しっかり豚肉の旨味も残っていますね~

この美味しさなら豚を積極的に増して行くタクティクスも有りだと思います!

スープの方は非乳化なのかな?

ま、朝イチなのでライトっちゃライトな仕上がりですが、特に物足りないって事も無いので、G系のスープとしてはなかなか美味しい方だと思います。

まあ、最近は火曜日の『麺屋 歩夢』ばかり食べているので、大抵の店だとリーンに感じちゃうってのもあるかもですな。

とりあえずブタとヤサイを食べ進めま~す。

麺はこんな感じで。

麺の厚さはそうでも無いかもですが、わりと幅広なので口に入ってくるオーションと言うか麺量は結構あるかもでして、食べ応えは良いですな!

スープの方、そこまでタレ感は高くないので、ヤサイ増しとかコールするなら、カラメ推奨な塩分感だと思います。

ん~……ヤサイがなかなかのボリュームなので、なんだかんだと食べ応えが有りますな!

ご馳走さまでした!

『小ブタ2枚』総評

と、言う訳で特にディスる要素がない感じの『登良治郎』のラーメンでして、なかなかの優良店なんじゃないかな~って思った次第。

各種の”汁なし”とかもあるし、しれっと『味噌ラーメン』930円とか『塩ラーメン』850円みたいなのもあるので、そこら辺も面白いかもですな。

そんな感じですので、まあ何かしらの機会に白楽駅ら辺に行ったなら、ワンチャンあると思う『登良治郎』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

『登良治郎』@白楽駅ら辺

神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-7-21

営業時間 11:00~15:30 18:00~21:00

土日祝日 11:00~15:00 18:00~21:00

定休日 火曜日

『登良治郎』Googleマップで表示

2019-12-10横浜&川崎,ラーメン&つけ麺

Posted by yellow