銘店伝説『中華そば 吾衛門 八王子ラーメン』が美味しかったので御報告

ブログ&レビュー

銘店伝説どうでしょう?

え~、クリスマス前から年末年始にかけて、わりと日本で起こりがちな現象があるので、あえて言おう!

「何故か食品類が高くなる説あると!」

いやね。

まあ、お正月は船も出ないんで魚とか高くなるでしょうし、肉関係の流通とかも正月くらいは細くなるんで、その時期は食料品が高くなるのも分からんでも無いのですが、なんでクリスマスくらいから値段上がりますかね?

これこそ便乗値上げってヤツでして、明らかにクリスマスイベントで人々の気持ちが浮き足立っている瞬間を狙ったセコい商法だと思います。

と、言う訳で筆者は毎年、クリスマス前から年越しの為の食料を備蓄する感じでして、ジュースとかカップ麺、お菓子類を買い溜めしてる訳ですよ。

すると、どうでしょう?

生麺タイプのラーメンが置いてあるコーナーに、いつの間にか『中華そば 吾衛門 八王子ラーメン』みたいなのが置いてあるじゃないですか!

ちなみに筆者、八王子ラーメンもちょいちょい開拓していますが、その中で一番好きな店が『吾衛門』なんですよね~

『中華そば 吾衛門 八王子ラーメン』

と、言う訳でマッハで買ってみた次第。

まあ、賞味期限もそこそこ長くて約3週間って感じですかね?

そう言えばこの”銘店伝説”ってシリーズは、過去にもちょいちょい買っている予感。

そして!

なんか「応募者全員、絶対もらえるラーメン鉢!!」みたいな感じでして、あえて言おう!

「え?コレは結構イケる気がすると!」

わりとこういう丼プレゼント系って難易度が高かったりするのですが、これは10枚集めれば確定ですので、かなりチャンスだと思います。

ん~……地味に『吉村家』の丼が欲しい気がするw

中身の方はこんな感じ。

(写真は1人前ですが2人前分入ってます)

ほほう……コレはかなりの細麺じゃない?

まず中身を見た瞬間に「麺ほっそ!麺ほっそ!!」と思ったレベルでして、恐らくコレ系の冷蔵ラーメン系では、史上最高の細さだと思います。

コレはかなり攻めてますね~

生玉ねぎ必須である!

と、言う訳でそうなるとコチラも本気を出す感じでして、生玉ねぎの微塵切りを用意しました。

最近はラーメンに生玉ねぎの微塵切りって言うと、某工場家系ラーメンなイメージですが、そもそもは八王子ラーメンが先駆者ですからね~

さらに言うなら、無課金アイテムなので文句を言うのもアレですが、アレは生玉ねぎのカットが大き過ぎるし、某工場家系ラーメンはスープの温度が低いので、生玉ねぎの苦さと言うかエグさが出ちゃうんですよ。

そりゃ、水にさらした訳でもない生玉ねぎですので、熱を入れなきゃそうなるでしょうがよって話なんですけれども。

ゆえに八王子ラーメンでは、あんなに大きくカットせず、ちゃんと細かく微塵切りにしていたりします。

そうする事でスープの熱により生玉ねぎ特有の嫌みが消されるので、ここら辺はちゃんと細かい微塵切りにするのが正解!

で、そこからスープなどの準備をしておきましょう!

いや、普通の生麺だったら茹で時間もそれなりですので、麺を茹でながら色々やっても間に合うのですが、この『中華そば 吾衛門 八王子ラーメン』は極細麺の為、麺の茹で時間も”2分30秒”とシビアな為、麺を投入してからはわりと忙しい感じですので。

いざ実食!

こんな感じで、どうでしょう?

なかなかイイ感じのスープの色合い、まあ流石に『吾衛門』の店舗で食べる時ほどに、良い香りって訳ではないのですが、なかなか良さそうな雰囲気かな?

と、思う間もなく玉ねぎをブッ込んでマッハで食べるべし!

いや、ここまでの極細麺ですと、とにかく早く食べない事には本来の美味しさでは無くなってしまうので、ぶっちゃけ写真撮ってる場合じゃない説もあります。

結果!

これはなかなか美味しい感じの八王子ラーメンでして、やはり麺の感じが秀逸だと思います。

スープの方はまあ、流石に『吾衛門』を100%再現って訳では無いかもですが、かなり寄せて来た感は微妙にあるので、このくらいなら次第点かな~って。

と、言う訳で気が付いたら替え玉しちゃう自分が居るよね~

いや、流石にココまでの細麺ですと2袋茹でて大盛りって訳にも行かないので、そこは麺を茹で直すのが吉で御座います。

言うても2分30秒で茹で上がりますし、家なんでスープも丼ごと電子レンジで再加熱出来るので、わりと家なら替え玉も正解!

で、2杯目は生玉ねぎの微塵切りもマシマシにしてみました。

いや、最初からこのくらいブッ込みたかったのですが、やはり入れすぎても商品本来の味では無くなっちゃうかもですので、最初はセーブしたんですよ。

結果!

やはり生玉ねぎは沢山入れた方が美味しいかな~って。

ご馳走さまでした!

『中華そば 吾衛門 八王子ラーメン』総評

まあ、ぶっちゃけスープ的には前回の『みんみん』的な八王子ラーメンから、そこまで進化した感じでは無いのですが、今回はかなり麺が攻めてる感じでして、そこら辺も含めてイチオシ出来る感じで御座います。

このくらいの味であれば”八王子ラーメン”を名乗られても嫌な感じではないですし、むしろコレ系のラーメン、しかも細麺が好きな人ならマストな『中華そば 吾衛門 八王子ラーメン』って感じでオススメ出来るかなと。

そんな感じで結構気に入ったアイランド食品の銘店伝説『中華そば 吾衛門 八王子ラーメン』ですので、是非みなさんも買って食べてみて下さい。

(ちなみに筆者は『フードワン』で買いました)