町田『ラーメン豚山』小ラーメンでどうでしょう?

『小ラーメン』780円

こんな感じで、どうでしょう?

個人的には『豚山』のブタはちょいちょいブレるので、今回はノーマル的な『小ラーメン』にしてみました。

コールの方は「ニンニクで!」みたいな感じでして、全体的にコンパクトなスイングにまとめてあります。

いや、まあガッツリ食べても良いのですが、この後も連食予定ですので、そこまで攻める必要はないかな~って。

さて。

とりあえずビジュアル的にも”標準”って感じの『豚山』の『小ラーメン』でして、特にディスる要素はないと思います。

ん~……今日のブタはなかなか良い感じかな?

これくらいだったらブタ増ししてみるも一興かもですね~

スープの方は……まあ、いつも通りに若干リーンな感じですが、シャバい訳ではないですし、前からこんくらいなので特に物申す感じではありません。

と、言う訳で気になる味の方ですが、まあちょっとライトなG系ラーメンって感じでして、それなりまとまっているかな~って。

しいて言うなら、やはり麺がちょっと薄いと言うか、テボで茹でてる事もあり、茹で時間等の理由から太く出来ない、もとい太くしてないのかもですが、やっぱ物足りない感は否めないでしょうか?

まあ、逆に「太過ぎるのはイヤ!」って人も居るので、どれが正解って訳でもなく、各々好みの麺を出してくれる店に行くのが正解なんですけどね。

ご馳走さまでした!

『小ラーメン』総評

と、言う訳で個人的にはそこまで響かない『豚山』ですが、なんだかんだと年末年始も営業してくれてるのは有り難いかなと思った次第。

味の方も、まあこんくらいなら普通かなって思えるし、G系初心者にも優しい仕様は、やはりライトユーザー層の支持を得やすいのかなと。

逆に?

1杯のラーメンをカップルでシェアした挙げ句、男の方がいつまで経っても食べ終わらないので、女の方も席を立たず、ティッシュを大量に使って汗を拭いて、それをカウンターに置き、ヤサイマシした挙げ句に食べ残し、丼も上げずに逃げる様に退店すると言う、数え役満みたいなギルティーを犯す客も来ちゃう感じですので、ヘヴィーユーザー的にはイラっとする要素もあるかもですね。

ここら辺、まあ『ラーメン二郎』であれば誰もがロットを意識して食べる前提ですが、この『豚山』は良くも悪くも初心者に優しい店なので、そういう訳分からない客も『ラーメン二郎』よりは多い可能性……あると思います。

店側としても迷惑してるでしょうが、そういう客層も黙認する雰囲気が良くも悪くも『豚山』でして、のんびり食べれるのが魅力って可能性も有りますが、めっちゃ行列してるのに食べ終わっても相方を待つとか、現金払いの店ならまだしも食券式の店ではちょっと常識的にどうなのかな~って。

ま、そんな感じで初心者にも優しい『豚山』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。