相模原で一番美味しいカレーの店『マボロシ』でポークカレー大盛

『マボロシ』中央区ら辺

神奈川県相模原市中央区中央3-7-1

営業時間 11:00~15:00

定休日 日曜祝日

『マボロシ』Googleマップで表示

2020年カレー初め!

え~、2020年もちゃちゃっと始まった感じでして、そろそろ筆者もカレーを食べたいタイミングで御座います。

で。

カレーってわりとガチ勢が多いのですが、まあ日本国内にはカレーって様々なタイプがある感じでして、ガチインド勢とか北と南で分かれているし、ネパールとかタイにもあったりするし、神保町ら辺では”欧風カレー”なるジャンルが覇権を握っているし、札幌ら辺にはスープカレー、さらに洋食屋さんには洋食屋さんのカレーがあり、ラーメン屋にはラーメンのスープを生かしたカレー、そこから全国には家庭ごとに”オカンのカレー”が存在する感じでして、一言でカレーと言うても「どのカレーだよ!」ってなりますよね~

もっとも?

筆者的にマイフェイバリットなカレーとなると、やはり今の時代は”ネオ・ジャパニーズカレー”と呼べる感じのカレーでして、そこら辺のカレーを今年は色々と攻略したい感じで御座います。

まあ、この”ネオ・ジャパニーズカレー”なる単語はなんとなく語呂を合わせただけでして、特に定義とか決まってないと思うのですが、いわゆるエスニックなカレー的スパイス使いを重視した、日本っぽいカレーの事を指す感じで、どうでしょうか?

ですので、基本的には”カレーライス”って形態で出て来るし、米も大抵はジャポニカ種と言うか日本の米、かつ宗教的な縛りも無いのでポークカレーもビーフカレーも有りって感じですかね~

ま、時代的には洋食的カレーと欧風カレーよりも後発でして、そこら辺ではやらないスパイス感を売りにしたカレーと思って頂ければ幸いでして、多分に2000年くらいからチラホラ、そんな感じのオリジナルカレー的な店がちょいちょい出て来た気がする筆者です。

多分、それよりチョイ前に流行ったスープカレーにおける”スパイス感”に感化された部分は、多かれ少なかれある感じでして、従来のジャパニーズカレーでは物足りないと感じた人達が、ガチインドカレーとかを勉強してアレンジした感じでして、まさに日本の食文化魔改造のカレー版って事なのかなと解釈。

と、言う訳で『マボロシ』に行って来た次第。

ん~……『マボロシ』も今では行列店ですので、色々と注意書きが増えましたね~