『ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店』が美味しくなったらしいですよ?

『ぶた入りラーメン』1000円

こんな感じで、どうでしょう?

コールは「ニンニクで!」みたいな感じで、いつも通りにライトにしてみた次第。

ってか、前の人が店員さんにラーメンの大きさを聞かれて「普通で!」って答えていたので、「え?小とか大じゃないの?」みたいな感じで軽くパニくったのですが、なんとなく前に習えで「普通で!」と言ってしまった自分が居るよね~

いや、そもそも『ラーメン』(800円)と『大ラーメン』(900円)と『大二郎』(1100円)があるのですが、『大二郎』ってなんなんですかね?

いや、もうマジに勉強してから来いよ俺って軽く思ったのですが、まあ最初から小で様子見を決め込んでいたので、『大二郎』とかは軽くスルーで御座います。

さて。

とりあえずビジュアル的にはブタの脂感が気になる感じでしょうか?

今回は『ぶた入りラーメン』にしたので、恐らくチャーシュー的なブタは4枚だと思うのですが、わりとランダム感がある感じでして、厚さとか脂加減がバラバラだったりする模様。

ってか、約1個はほぼ脂の塊みたいな感じでして、それは微妙と思えたのですが、逆に1個はサイズが超大きかったので、トータルでみたら満足出来る感じかなと。

ま、幸いにも筆者は脂身っぽい部分が多くても、赤身の部分が多くても、ちゃんとした茹で加減で仕上がっていれば美味しく食べられる派ですので、今回はブタを増しておいて正解だと思いました!

気になる味の方ですが、一口目は獣感を感じるスープでしたが、ニンニクを溶いたらいつもの二郎的なスープになったので、まあ普通に美味しい二郎のスープかなと。

もっとも自分の中での標準が、今は『麺屋 歩夢』の火曜日がデフォになってしまっているので、個人的には……まあ、普通って感じですかね?

だが、しかし!

この『二郎 小滝橋通り』は麺が太いと聞いていたので、筆者はそこら辺を目的に新宿まで来たと言っても過言ではない可能性……あると思います。

ん~……確かにコレはちょいと太い感じでして、一般的な『ラーメン二郎』よか一回りは確実に太いですね~

気になる味の方も良好ですし?

しいて言うなら、なんか『ラーメン』は茹で前250gらしいのですが、やはり『麺屋 歩夢』や『野猿二郎』と比べると微妙に少ない気がしないでもない。

ま、言うてもで十分にお腹一杯になるレベルでして、物足りないって事はないので、特に物申す事はありません。

ご馳走さまでした!

『ぶた入りラーメン』総評

と、言う訳で『二郎 小滝橋通り』は初めてなので、現状が以前と比べて美味しくなった状態なのかどうかは謎ですが、まあ普通に美味しく頂けたし、このレベルなら再訪しても良いかな~って。

しいて言うなら、やはりTwitterとかを眺めていても『二郎 小滝橋通り』のブタは脂身が多い部位っぽいので、そこら辺が好きかどうかで賛否が分かれるかもですし、トッピングの”背あぶら”(アブラ)をどうするかで命運が決まる予感で御座います。

あと”メンマ”とかあるのは珍しいかもでして、わりと『ラーメン二郎』の中でも個性的な店なのかもですね~

(つけ麺系は券売機から無くなってました)

まあね。

そこら辺はやはりTwitterを眺めて、この『二郎 小滝橋通り』がどんな傾向なのかをチェックするくらいはやっといた方がベターでして、豚の脂身が苦手なのに『二郎 小滝橋通り』に行ってもどうなの?って説はあるかもですね。

そんな感じでとりあえず現状の『二郎 小滝橋通り』は、個人的には麺が良かったと思うしスープもまあまあですので、気になる人は食べに行ってみて下さい。