相模原『ラーメンハウス』世界一レンゲのデカいラーメン屋

『チャーシューメン』800円

こんな感じで、どうでしょう?

ん~……ちょっと色々とサイズ感が掴みにくい要素があるのですが、この『ラーメンハウス』は丼が大きめですので、わりとボリューム大な予感でしょうか?

そして!

この『ラーメンハウス』一番の特徴的な何かがあるので、そこをスルーする訳にも行かないゆえに、あえて言おう!

「レンゲ、デカ過ぎやねんと!」

どんだけスープ飲ませんだよって感じでして、ひとすくいで1リッターくらい入るんじゃないでしょうかね?

ま、1リッターは嘘としても、普通はレンゲって1回で飲み干せるのに、この『ラーメンハウス』の超絶特大レンゲは、3回4回かけて飲む感じでして、明らかにオーバースペックで御座います。

さて。

『チャーシューメン』ですので、そこはやはりチャーシューを語らないと話が始まらないのですが、どうでしょう?

枚数的には4枚……ま、まあチャーシューメンと言うならチャーシューメンな気がしないでもない。

だが、しかし!

『ラーメンハウス』の『ラーメン』は450円と激安ですので、プラス350円でチャーシューがプラス3枚だか2枚ってのは、如何なモノかと存じます。

勿論、チャーシューメンで800円は安い方ですので、ラーメン450円が安過ぎるだけって説が濃厚ですが、やはり冷静に考えてプラス350円なら、もうちょっとチャーシューヂカラがあっても良くってよって思うんですけども。

気になる味の方ですが、野菜の丸みと言うか甘さを感じる、いわゆる昔ながらの中華そば的な雰囲気でして、前に食べた時の生姜感はそうでもないので、味を変えたと言うかブレがあると言うか、まあ大体な感じのラーメンなのかしら?

とは言え、なかなか美味しいと言えば美味しい気がして来る説もあり、なんだかんだとラーメン的には有りだと思います。

ご馳走さまでした!

『チャーシューメン』総評

これ単体なら可もなく不可もなし、普通にチャーシューメンとして受け入れられるのですが、ノーマルのラーメンが450円って情報が脳味噌に入って来ると、素直に喜べない俺がいる。

ん~……今にして思えば記事のネタとしては『ハウスラーメン』(750円)が正解な気がするので、今回は筆者のミスチョイスって事でしょうかね~

そんな感じで特別オススメでもない『ラーメンハウス』ですが、ラーメン好きならワンチャンあると思うので、気になる人は食べに行ってみて下さい。