ナナプラザら辺で海鮮を欲したなら『ナナマーケット』がイイ感じ!

『ソムタム』

やはりタイと言えば青いパパイア的サラダの”ソムタム”でしょうか?

店によって具材のバランスやドレッシング的ソースの味が違うので、店の個性が出る料理でもあります。

『チャーハン』

多分にコレは比較的フツーのチャーハンと思われ、そこまでタイっぽさは無いです。

まあ、付属の謎調味料と”マナオ”(すだち的な何か)を絞ると、それっぽさが増しますね~

『エビフライ』

タイで食べれば海老フライも格安で御座います。

しいて言うなら、下ごしらえは適当なので、やはり日本の海老フライの方が美味しいとは思いますが。

この謎ソースはフルーツ的な味わいでして、パイナップルとかマンゴー的な風味でした。

(意外と悪くない)

ま、ここら辺なら誰でも食べれるんじゃ、ないでしょうかね?

『生牡蛎』

思えば筆者、1度もタイで生の牡蛎を食べた事はないので、試しにチャレンジしてみました。

まあ、正直に言えばリスクを考えるとオススメはしないのですが、タイ人だって生牡蛎で苦しみたくはないでしょうから、それなり大丈夫なんじゃないかしら?

食べた感じ、鮮度的にはギリ大丈夫な味わいだったし、まあまあ美味しいかな?

あとはノロウイルスだけが(略

『謎鶏肉のスープ』

「スープだとは思わなかった……」(のり君談)みたいな感じですが、まあ海外旅行あるあるですのでキニシナイ!

ってか、多分に肉もニワトリではなく、ダック(アヒル)なんじゃないか説が有りますね~

(赤い着色料のは大抵アヒル説)

『謎焼そば』

こちらもチーム『麺屋 歩夢』勢の予想と違った結果な模様。

なんか生の山椒がドカーンと入った一品でして、確かにクセのある料理かなと。

まあ、筆者は前にこの味を経験しているので、こういうタイ料理なんだと思います。

『揚げ春巻き』

こちらもタイではオーソドックスな一品で御座います。

やはりタイのチリソースと合わせるのが定番か?

ちなみに感想は「油が古いのでイマイチ」との事でしたが、筆者は馴れているので美味しく食べれちゃいました。

『ナポリタン』

本場のタイ料理、色々と思ってた味と違う事を思い知らされた『麺屋 歩夢』勢ですが、ナポリタンで守りに入ったら逆に失敗したパターン……あると思います。

基本、タイはパスタってヤワ茹でなのですが、このナポリタンはカッチカチやぞ。

『海老各種BBQ』

まあ、わりとガチなタイ料理、『麺屋 歩夢』勢的には色々とありましたが、あえて言おう!

「まだ慌てるような時間じゃないと!」

と、言う訳で本日のメインとなる海老で御座います。

そう言えば、大抵の店はテナガエビみたいな川海老が主体なのですが、この『ナナマーケット』は海の海老も置いてあるのがポイントですね~

さらに!

海老マニアならその美味しさを知っているウチワエビもあるじゃない?

まあ、初見の人はウチワエビとか、どう食べて良いのか謎かもですが、この『ナナマーケット』は真ん中で一撃割っているので、手でパカッと開いて、身の部分だけを簡単に指で取れるので、実は普通のエビよか食べるのは簡単なんですよね~

ご馳走様でした!

『ナナマーケット』総評

筆者的には満足出来た『ナナマーケット』ですが、やはり『麺屋 歩夢』勢には賛否が分かれる感じでしょうか?

もっとも、ココら辺の扉を開けない事には、タイ料理を食べたとは言い難いので、こういうのも経験として積み重ねるしかないかなと。

逆に筆者レベルですと値段もリーズナブルでメニューも豊富、英語表記もあって気軽に利用出来る『ナナマーケット』はオススメ出来るスポットかなと。

ちなみに店内、右と左と言うか、青と赤で店が分かれているらしく、入り口付近で熾烈な客引き争いが発生するのはデフォですが、まあ積んである海鮮を見て、店を決めたら良いと思うし、多分に客が沢山入ってる側がアタリですので、そこら辺も良く観察してみたら良いじゃない。

と、言う訳でナナ駅ら辺でローカル料理を欲したなら、この『ナナマーケット』はオススメですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。