ニュータッチ『大盛 山形鳥中華』カップラーメン実食レビュー的な

鳥中華でどうでしょう?

そもそもが。

鳥中華と言われてピンと来る人は結構少な目と思われ、筆者も仕事で山形県に行ったりしてなかったら知らんかったかもですので、超ざっくり説明すると写真みたいな感じのラーメンで御座います。

ま、大体は山形県ら辺なんですかね?

筆者が行ってた天童市ら辺ですと、色々な店で”鳥中華”を出してたりしてた予感。

一応は蕎麦屋さんが蕎麦を打つのに飽きた、もといラーメンっぽいのが食べたいな~みたいな感じで始めたのか、意外と蕎麦屋でメニューにある感じ?

ニュータッチ『大盛 山形鳥中華』

と、言う訳でパッケージにも「和風だしの中華そば」って書いてありますが、まあ大体はそんな感じで御座います。

中身の方はこんな感じ。

”後入れ粉末スープ、調味油、かやく”と麺みたいな予感でして、かやくの方は鳥中華ならではの”天かす”みたいな揚げ玉が見えますな!

と、言う訳で湯を入れて3分待つぞと。

いざ実食!

3分後はこんな感じ。

粉スープを入れる前に麺をほぐせとの事ですんで、そこら辺もマニュアル通り忠実に作るじゃない。

で、粉末スープと調味油を入れて。

良く混ぜて完成……と。

気になる味の方ですが……まあ、大体は山形の鳥中華を再現出来てるかな?

まあ、もうチョット蕎麦出汁感を前面に出すと言うか、液体スープとか使うとグレートだぜって思うものの、まあ値段の関係でこんなもんかと。

とりあえず普通に和風っぽい感じの醤油的カップラーメンと思えば、普通に美味しいと思いますね!

ご馳走さまでした!

ニュータッチ『大盛 山形鳥中華』総評

まあ、多分にスーパーマーケットとかで安く売られてる感じのシリーズでして、お値段とボリューム感を考慮すると、十分にワンチャンあるかなと。

いや、本当は本物の鳥中華を食べてみて欲しいと思うのですが、なかなか山形県って行かない予感。

そんな感じで安く売ってたならワンチャンですので、何かのついでに買って食べてみて下さい。