『日清 百名店 MENSHO 和牛担々麺』カップ麺実食レビュー

今度は『MENSHO』ですと?

え~、みなさんは日清と食べログのコラボ的な何かで、ちょいちょいカップラーメンが出ているのを知っているでしょうか?

いや!

そもそもが食べログの口コミ、さらに点数と言うかスコアを信じてる人が居るのかどうかって話ですが、まあ日清の方も「百名店のカップラーメンだったら売れるんじゃね?」みたいに思ったのか、多分にシリーズ化されてる予感で御座います。

と、言う訳で今回は『MENSHO』でして、”和牛担々麺”との事。

ちなみにお値段、スーパーで買って300円近いので、コンビニだったら300円超え?

おいおい、普通にカップラーメン2個買える値段じゃない……

『日清 百名店 MENSHO 和牛担々麺』

とは言え、高いの安いの言ったトコロで所詮はカップラーメン、筆者レベルの財布ヂカラでもどうと言う事はない!

中身の方はこんな感じ。

「麺、少なっ!!!」

ってのは、このシリーズ毎回ですが、まあ300円のカップラーメンのパッケージが小さかったら、ますます売れないと思うので、そう言った意味でこの大きさは必要と思われます。

ま、とりあえず”かやく入り粉末スープ”をブチ撒けて。

湯を入れて5分待つじゃない?

いざ実食!

と、言う訳で5分後で御座います。

ほほう……なんかコレだけでも普通にカップラーメンとして食べれそうな雰囲気でして、それなりの牛感が有りますね~

とは言え、担々麺感は花椒の香りくらいですんで、やはり残りの液体スープを2個入れないとですな。

結果!

なかなかの担々麺感でして、これは結構なインパクト。

やはり別袋の”ねりごま”がイイ感じでして、いわゆる芝麻醤的な要素がココに集約されています。

もうひとつの”液体スープ”の方は、ほぼラー油かな?

結果!

これはなかなかオツな味でして、担々麺ながらもビーフ感漂う新しい味だと思います。

担々麺って言うと”辛さ”ばかり注目されがちですが、実はポイントはソコじゃないぞって感じでして、やはり胡麻的な独特のコクと言うか濃厚さとかも重要。

ん~……あえて牛な必要は無いだろと思っていたのですが、コレは新しい味の担々麺って事で、流石は『MENSHO』かなと思った次第。

ご馳走さまでした!

『日清 百名店 MENSHO 和牛担々麺』総評

と、言う訳で値段なりに美味しかった『日清 百名店 MENSHO 和牛担々麺』でして、コレは必食かなと。

ちなみに筆者、別にラーメン屋さんに限らず飲食店とは一定の距離を保つ派でして、何故なら店と近すぎると、もしも不味かった時に不味いって書きにくくなっちゃうからでして、そこら辺はストイックに生きてく方向で御座います。

って事で、この『MENSHO』も別に持ち上げる義理は無い訳ですが、逆に好きとか嫌いとか関係なく、味は味でストレートに書いてく方向ですので、今回は素直に美味しかったと報告しておきましょう。

ま、なかなか牛ベースのスープってのも珍しい感じですし、まして牛骨的な担々麺とか激レアでして、そこら辺をカップラーメンでチャレンジするとか勇者だな~って。

そんな感じで値段的には「高っ!!」ってなるかもですが、食べてみる価値ある『日清 百名店 MENSHO 和牛担々麺』ですので、是非みなさんも買ってみて下さい。