町田『ぶっ豚』(ぶっとん)小ラーメンを食べてみる時

町田『ぶっ豚』(ぶっとん)小ラーメンを食べてみる時

時には『ぶっ豚』どうでしょう?

去年の11月くらいに町田の『朗朗朗』(さぶろう)が、突如『ぶっ豚』的な店に看板を変えた記憶で御座います。

んで。

まあ、ぶっちゃけ『朗朗朗』自体は二郎インスパイアと言うかG系でして、そこそこ悪くは無かった予感ですが、やはり町田にオープンした『豚山』の方に客を持ってかれた感は否めなかったんですよね~

最後の方は蒙古タンメン中本的な要素?とかも盛り込んだりして、かなり迷走してた感じでして、長らく続いた”町田G系独占状態”に終止符を打った感じ。

そして!

この『ぶっ豚』と『朗朗朗』は会社的には同じですが、ラーメン的に何が違うのかっちゅうたら、あえて言おう!

「超極太麺が売りであると!」

しかも結構な硬めに茹で揚げて来るので、そこら辺のワイルドな感じが、従来のG系チェーン店とはチョット違う個性かなと思った次第。

メニューの方はこんな感じで。

ん~……なかなかラインナップと言うか、味変的アイテムも出揃った感じですし、それとなく味噌ラーメンも加わってたりして、微妙に半年間で進化した予感で御座います。

卓上調味料はなかなか充実している感じでして、ショウガも置いてあるのはナイスですね~

『小らーめん』780円

こんな感じで、どうでしょう?

コール的には「ヤサイで!」みたいな感じですが、相変わらずヤサイの盛りっぷりはイイ感じですね~

ちなみに『ぶっ豚』は”ニンニク、ショウガ、カラメ”みたいなのは、卓上にある無課金アイテム(調味料)で自分好みに仕上げる感じですので、間違えてコールしないようにしましょう!

さて。

なかなかイイ感じのボリューム感、ブタの方も近隣のライバル店である『豚山』には負けてないと思うのですが、どんなもんでしょうかね?

ヤサイの方も適度な茹で加減、全体的にG系としてはディスる要素はないですな!

ま、まずは何はともあれ大量のモヤシと言うか、ヤサイを食べ進める方向で頑張るとして、やはりブタ増しとかアブラコールをした方が、ベターだったかも?

ブタのボリューム感……イケてるじゃない?

そして!

気になる『ぶっ豚』の麺ですが、相変わらずゴリゴリな感じの極太麺でして、ここら辺もオープンした時と変わってないぞと。

しいて言うなら、やはり麺に比べるとスープが細い気もしないでも無いので、そこら辺はやはりG系マニアにとっては微妙かな?

言うても、そこら辺もG系の美味しい店と比べるとって話でして、チェーン店って事で考えると、まあこんなもんかな~って。

ご馳走さまでした!

『小らーめん』総評

と、言う訳で半年ぶりくらいで食べてみた『ぶっ豚』の『小らーめん』ですが、個人的には悪くはないぞと。

もっとも、ウチからですと『麺屋 歩夢』の方が距離的に近いので、あえて『ぶっ豚』に行くとすれば記事ネタを仕込むパターンしか無い訳ですが、町田界隈で『豚山』と『ぶっ豚』の2択だったら……やっぱ麺が好きなんで『ぶっ豚』かな?

スープはどっちもどっちなんで、大きく変わるとすれば麺、あとはブタのボリューム感ですが、そこら辺は『ぶっ豚』の方がイイ感じかなと。

しかし!

やはり『豚山』の方が町田駅に近いので、どっちが流行ってるのかっちゅうたら、ソコは間違い無く『豚山』でして、地の利を覆すほどでは無いぞと。

ま、そんなこんなで定期訪問してみた感じの『ぶっ豚』ですが、硬めな極太麺が好みならワンチャンですので、気になる人は食べに行ってみて下さい。

『ぶっ豚』町田店

東京都町田市中町1-30-2

営業時間 11:30~15:30 17:00~23:00

定休日 無休?

『ぶっ豚』Googleマップで表示

町田カテゴリの最新記事