横浜『しらしん軒』九州・大分豚骨ラーメンどうでしょう?

横浜『しらしん軒』九州・大分豚骨ラーメンどうでしょう?

『しらしん軒』に行ってみた!

それとなく当サイトも横浜進出と言う事で、さりげなく大口駅ら辺を攻略しているのですが、あえて言おう!

「今回は大分豚骨ラーメンであると!」

と、言う訳で『しらしん軒』に来てみた次第。

いや、ぶっちゃけ大分県のラーメンとかイマイチ知らないので、ざっくり調べてみた結果、大分ラーメンって呼称のは無いっぽく、とりあえずは”佐伯ラーメン”ってジャンルみたいなのかしら?

ん~……あまり大分ラーメンと言うか佐伯ラーメンって、コッチでは聞かないかもですが、筆者も”大つけ麺博”で食べたくらいかな?

って感じで、なかなか大分県のラーメンには馴染みがないので、コレはちょっと興味津々な予感でして、結構気になっちゃう『しらしん軒』で御座います。

ちなみにPOPには”九州・大分豚骨”って書いてあり、「しらしんけん」とは大分の方言で「一生懸命」って意味らしいですよ?

券売機の方はこんな感じで!

ラーメンはシンプルに1種類のみ、替え玉は100円、平日の10:30~17:30は半ライスサービスが使えるので、そこら辺も利用するとコスパは良さそうですね~

ん~……『昔話盛メンタイご飯』(250円)とか気になりますな!

あと『瓶コーラ』(100円)とかも刺さる人には刺さると思います。

システム的には博多ラーメンっぽさが有り、麺の硬さ指定が出来る模様。

替玉2回以上でスープ追加してくれるのはナイスですね~

結構な勢いでカレー推しですが、初見でカレー味にしちゃうと『しらしん軒』のラーメンが良く分からないかもなので、今回はカレーにスルーします。

店内はカウンター席とテーブル席、キャパは結構広めかな?

『ラーメン』750円

こんな感じで、どうでしょう?

ほほう……なかなかイイ感じのビジュアルでして、ネギダク感が半端ないですね!

もっとも、他に具材的には海苔2枚とチャーシュー1枚って感じで、ラーメン的にはシンプルな装い。

ちなみにオーダー的には「普通で!」みたいな感じで、迂闊にも「カタで!」って言い損ねた感じですが、まあ店のデフォルトって事で。

チャーシューの方もなかなか美味しそうなので、これなら『チャーシューメン』(950円)にして替え玉って選択肢も有りかな?

さて。

気になるスープの方ですが、まあパッと見た感じは家系ラーメンっぽく見えるかもですが、やはり系統的には博多ラーメンっぽいですかね?

ま、そこら辺は麺の感じからもソレっぽさは伝わると思いますが、やはり九州は博多ラーメンと言うか長浜ラーメンの影響が強いのかもですね~

気になる味の方ですが、コレはなかなかハードコアな感じかな?

しっかりした豚骨感、さらに言うなら”呼び戻し”的な豚骨臭さも健在でして、わりとサッパリと言うかアッサリと言うか、昨今の流行りな豚骨スープとは対極にある予感。

麺の方は博多的な細麺でして、やはりコレ系は”かため”以上の硬さの方が美味しいかもですね~

ご馳走さまでした!

『ラーメン』総評

と、言う訳でなかなか本格的と言うか、時代に流されない豚骨ラーメンをエンジョイした予感でして、これは再訪したい予感で御座います。

いや、最近はこういう豚骨臭さが健在な豚骨スープって逆にレアですので、コレ系が好きな人にはオススメ出来るかなと。

そう言えば、最近横浜で食べた『らぁめん たまがった』も大分的なラーメンだった事を思い出した次第でして、そこら辺と食べ比べてみるのも一興かなと。

そんな感じの『しらしん軒』ですので、豚骨ガチ勢は食べに行ってみて下さい。

『しらしん軒』JR大口駅ら辺

神奈川県横浜市神奈川区神之木町6-3

営業時間 10:30~翌1:45

定休日 木曜日

『しらしん軒』Googleマップで表示

横浜&川崎カテゴリの最新記事