函館旅行グルメ『きくよ食堂 本店』ウニ・イクラ丼がオススメな件

その他地域,カツ丼&丼モノ,魚&寿司函館旅行グルメ,海鮮丼,函館

『うに・いくら丼』税別2200円

こんな感じで、どうでしょう?

ほほう……流石に函館って感じのビジュアルでして、確かにウニは美味しそうな予感しかないですな!

ま、冷静に考えるとイクラはコッチで食べても似たり寄ったりだとは思うのですが、ウニ100%な『うに丼』だと3000円~4000円もするので、月収8万円勢にそれはチョット無理ゲーで御座います。

さて。

なんならコレを食べる為に函館をチョイスしたと言っても過言ではなく、こうして写真で見てみると全然モノが違いますな!

単純にランチで2000円超えとか安くは無いものの、この圧倒的な”ウニヂカラ”を考慮するとリーズナブルかもでして、とりあえず東京ら辺では食べれないだろうし、よしんば金のチカラにモノを言わせて食べたとしても、2倍3倍の値段になる予感……そう考えると、途端にリーズナブルに思えて来るので、やはりイマジンするのは大事かなと。

って事で、気になる味の方ですが、まあ言わなくても写真通りの美味しさですのでアレですが、そこを書かないと記事として成り立たない部分もあるので、あえて言おう!

「ウニ、メッチャ美味しいですと!」

マジか~

札幌ではそこまでウニ攻めをしなかったので、「まあ北海道のウニもこんなもんか~」くらいの小並感だったのですが、こうしてダイレクトにガッツリとウニを食べると、もはや別次元の味わいで御座います。

勿論、イクラの方も激ウマではありますが、流石にイクラは鮮度云々はそこまで影響しないので、ウニほどには感動しないかもですね~

ん~……これで税別2200円なら食べるべきって事で、間違いないと思います。

ご馳走さまでした!

『うに・いくら丼』総評

と、言う訳で文句無しの美味しさだった『きくよ食堂 本店』の『うに・いくら丼』でして、コレは圧倒的にリコメンドで御座います。

まあ、すでに地元に戻ってきたので函館イベントは全て終了したのですが、そこは記事を書く順番もあるのでアレなんですけれども、いかに函館と言えどもハズレのウニ丼ってのも存在するので、値段が安いラーメンと違い、ウニ丼だけはマジのガチに調査してから店に入った方が絶対に良い事を報告しておきましょう。

(時間掛けて調べるよりも、当サイトを見た方が早い説)

その点、この『きくよ食堂 本店』は写真通りの”ウニヂカラ”でして、宣材写真とも大差ないですし、なかなか良心的な優良店との結論になりました。

って事で、多分に函館の”函館朝市”ら辺に行くと海鮮丼の店がメッチャ多くて、観光客だと超悩むとは思うのですが、迷ったなら『きくよ食堂 本店』で安定だと思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。