函館旅行グルメ『函館朝市 栄屋』活牡蛎のがんがん焼&活いかの刺身が美味しい

その他地域,魚&寿司,居酒屋&バー&酒函館旅行グルメ,函館,牡蛎

『活かきのがんがん焼』1500円

こんな感じで、どうでしょう?

「北海道ならカニだろうがよ!」って声が聞こえて来るかもですが、個人的にはカニかエビかっちゅうたらエビ派ですし、カニはちょろっと食べれれば良いかな~って。

逆に?

これらメニューの中で”お得”なのを探してみると、やはり『活かきのがんがん焼』か『帆立のがんがん焼』かなと思ったのですが、そこは「戦いは数だよ、兄貴。」との御言葉に従って牡蛎チョイスで御座います。

ちなみに『函館朝市 栄屋』のも自分で牡蛎を開く感じでして、ちょいと面倒な部分はあるかもですが、そこら辺も含めての激安価格ですんで、頑張る方向でお願いしたい。

まあね。

前は古淵の市場で魚や貝も買っていた筆者でして、自分で牡蛎剥きナイフも持ってるレベルですんで、筆者的には余裕で御座います。

え~、超ざっくりと解説すると、軍手をした手で貝殻の平たい方を上にして持ち、貝殻の接合部分で開きやすそうな場所にナイフを刺して、ちょいと殻を開きながら貝柱のある位置までナイフを運んで、上面の貝柱を切り離し上の貝殻をパカッと開けて、最後に下側の貝柱を切断して完了!

何も知らない人だと貝殻の接合部を永遠にイジってるかもですが、貝柱を切断しないと開かないので覚えておきましょう。

貝柱は大体同じ位置にあるので、馴れて来ると貝柱近辺に隙間を作って、ピンポイントで貝柱を切断出来る様になるので練習してみたら良いじゃない?

あと貝殻の中には汁的な何かがあるのですが、それは諦めてこぼしてから貝を向いた方が良いかなと。

よほどスムーズに牡蛎を開けられないと結局はこぼれちゃうし、軍手をしてる手にかかると火傷の可能性もあるので要注意!

言うまでもなく店員さんは手伝ってくれないし、なんなら開け方の説明とかも省略されると思うので、そこら辺は事前に調べておいた方が良いじゃない。

ま、今は昔と違ってYouTubeでも観れば一発で解決出来るんで、本人のヤル気次第かなと。

って事で、気になる味の方ですが、あえて言おう!

「やっぱ牡蛎は美味しいじゃないと!」

メニュー的には生で食べられる『活かき』(3個1000円)もあるのですが、生って数は食べにくいですし、値段が圧倒的に違うのでコスパ重視なら『活かきのがんがん焼』(10~12個1500円)の圧勝かなと。

ちなみに自分で牡蛎を選べる訳では無いのでアレですが、実は牡蛎って見た目の大きさ(直径)よりも「貝殻の深さ」みたいな厚みの方が大事でして、厚い貝殻の牡蛎の方が中身は大きかったりするんで、覚えておいたら良いじゃない。

『活イカお作り』(時価1700円)

そして!

今はこんな状況でして、どこの店もお客さんを集めるのに必死な感じでして、この『函館朝市 栄屋』の場合は「2000円以上注文の方、活イカサービス!」みたいなのをやってました。

え?

普通に注文すると1700円の活イカがサービスとかヤバくないですか?

ま、大々的には宣伝しておらず、多分に店内に入って座って2000円以上注文した時、サプライズで教えてくれる感じですし、やはり数も限定だろうし毎日やってるとは限らないのですが、何はともあれラッキーって事で!

ん~……確かに昨日食べたじゃんって話ではありますが、やっぱイカは活きてる方が美味しいですよね~

この状態のイカばかり食べてたら、コッチの方でイカとか食べる気にならないかもです。

ご馳走さまでした!

『函館朝市 栄屋』総評

観光客向けな”函館朝市”(市場)ですんで、わりと観光客向け価格なパターンが多いのですが、この『函館朝市 栄屋』は当たりかなと。

勿論、活イカのサービスが神過ぎるってのもありますが、多分に『活かきのがんがん焼き』も超リーズナブルですんで、そこ狙いでワンチャンあると思います。

ま、理想を言えば2名以上で生ビール飲み放題とかって話ですが、多分にカニとか牡蛎って食べるのに手間と時間がかかるんで、逆に飲み放題にしてもビールに集中出来ない説もあるじゃない?

そして!

本日のお会計は2000円弱でして、500円分のポイントバックを考えると実質1500円弱……完全勝利って事でFAですな!

そんな感じで”函館朝市”ら辺ですと、この『函館朝市 栄屋』はオススメですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。