【銀座】『銭形』元祖・豚の生姜焼き定食を食べてみた【ランチ】

東京その他,定食&洋食

『生姜焼き定食』900円

こんな感じで、どうでしょう?

ん~……なかなかイイ感じのビジュアルでしょうかね?

写真の通り豚肉的にはロース肉が3枚で御座います。

キャベツの方が結構なボリューム感ですんで、まあ全体的にはランチとして丁度良い感じかなと。

個人的にはポテトサラダがある時点で優勝確定ですけども?

サイドの方はまあ、普通に定食っぽい構成ですかね~

とりあえず御飯は普通盛りですがメニューには「ご飯の大盛り、お替わりは無料です。」と書いてあるので、そこら辺のサービスは嬉しいですな!

さてさて。

そんなこんなで、今この世にある生姜焼き定食はココから始まったとの事でして、まさに原点となる『銭形』の『生姜焼き定食』ですが、あえて言おう!

「普通に美味しいですと!」

いや!

そこはもっと感動したとか気の利いたコメントが必要な場面だとは思いますが、多分にこの『生姜焼き定食』も肉の切り方とか味も時代と共に変化したと思われ、そこまで特別な味がするのかっちゅうたら、そんな訳ないでしょうがよって話で御座います。

ま、こういう感想になるであろうと思っていたので、今まで銀座に遠征しようとは思ってなかった訳ですが。

とは言え、なかなか良いロース肉を使っていると思われ、生姜焼きの味としては上々ですので、食べに来て良かったかな~って。

味噌汁の方も安定の美味しさ!

ご馳走さまでした!

『生姜焼き定食』総評

って事で、とりあえず「生姜焼き定食、発祥の店」で食べれたので、個人的には満足で御座います。

いやね。

そもそも生姜焼きってメニュー自体が幅広いと言うか許容範囲も広いですし、基本的に使う調味料は”醤油、酒、みりん、生姜”ですんで、そこまで味に大きな差が付かない説が濃厚かなと。

だが、しかし!

それこそが『生姜焼き定食』の”あるべき姿”だと思うんですよね~

誰もが素早く似た様な味で作れるメニュー、どの店で食べても「生姜焼きの味だな~」みたいな”小並感”こそが、今も人気メニューとして君臨し続けるエレメントであると言っても過言ではないぞと。

と、言う訳でとりあえず”生姜焼きクラスタ”ならば、銀座の『銭形』は必食ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。