UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

相模原『おやじ』味噌ラーメンで人気の店に超久し振りに行ってみた

calendar

スポンサーリンク

『北海道ラーメンおやじ』本店@相模原

神奈川県相模原市中央区 中央1-3-1

営業時間 10:30~25:00

定休日 無休

『北海道ラーメンおやじ』Googleマップで表示

相模原で一番人気の味噌ラーメンと言えば?

かつて、その甘さから賛否が分かれた『北海道ラーメンおやじ』ですが、その後はチューニングを重ね味を改良し、いつしか店舗数も増え、気が付いたら相模原で味噌ラーメンで一番人気のある店になっていました。

ちなみに筆者、昔々『北海道ラーメンおやじ』が相模原にオープンした直後に食べています。

その時は味見をしては首を傾げる店主に不安を覚えたモノですが、今となっては良い想い出でしょうか?

もっとも、筆者自体が味噌ラーメンに対して情熱が無いのと、やはり甘い味噌ラーメンに関しては否定的だったので、その後はまったく食べていなかった事実……あるでしょうか?

その後、微妙に移転して相模原のランドマーク的存在(だった)旧アイワールドら辺になり、さらに微妙に移動して旧アイワールドの裏になった感じです。

まあ、今となってはなんの魅力も感じない施設になった感は否めませんが、昔はアイワールドのクソデカい広告が新聞に折り込まれていると、わくわくしながら読んだものなのです。

その後、ラーメンブームに乗っかって”ラーメンうんちゃら”みたいなのが現れ、ラーメンの集合施設が出来たり、すぐに迷走したり、最終的には終了したりとあったアイワールド周辺ですが、栄光の時代もあったって事だけは、相模原市民としてアピールしておきたいと思います。

『おやじ麺』(800円)

すべてはココから始まったと言っても過言ではない、まさに『北海道ラーメンおやじ』のド真ん中にある『おやじ麺』を頂く事にします。

あ、そう言えば筆者も昔々、甘い味噌を回避して『熊らーめん』(700円)とか食べてた様な記憶もあります。(名前、覚えてたw)

「いや、そこはヒグマらーめんだろ」

と、突っ込んだ記憶があるので、何気に『熊らーめん』は食べてたかもですね~

ま、そこら辺はどうでも良いので本題に入りますが、まず……言うほど甘くない!

今はスープに溶け込んだ野菜の自然な甘さと、そこにカウンターを当てる塩加減でイイ感じのスープに進化しています。

ってか、今のスープなら「甘い」と言われる事も無いでしょうかね?

スープのトロミからして、ベースの動物系な出汁(豚骨?)がしっかりしている予感です。

麺の方は暖簾に『小林製麺』と書いてあるので、札幌から取り寄せていると思われます。

特に可もなく不可もなしな麺ですが、北海道と言うアイデンティティーを確立する重要なファクターではないでしょうか?

ご馳走様でした!

『北海道ラーメンおやじ』 総評

甘い、甘いと言われてますが、昔(20年ちょい前?)よりは全然、今風の味になっていると思います。

しいて言うならスープに溶けた野菜の甘さ、白味噌の甘さにカウンターを入れる何かしらの塩分的な何かを感じるので、かなり塩分感のある味噌ラーメンかなと。

ここら辺、味噌の配合を変えたのか銘柄を変えたのか分かりませんが、まあ20年間の進化って事で成功を収めたと言えるんじゃないでしょうか?

と、言う訳で熱狂的な信者もいる『北海道ラーメンおやじ』ですが、相変わらず筆者的には「フーン」って感じは否めないものの、ラーメン的には美味しいと思うので、是非みなさんも『北海道ラーメンおやじ』に訪れてみて下さい。

関連記事

この記事をシェアする