『蒙古タンメン中本』で”北極の夏”みたいなラーメン喰ったら最高じゃね?@橋本店

スポンサーリンク

『蒙古タンメン中本』@橋本店

神奈川県相模原市緑区東橋本1-21-12

営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00

定休日 月曜日

『蒙古タンメン中本』Googleマップで表示

『蒙古タンメン中本』橋本店デビュー!

いつも町田経由で新宿に行くので、なかなか橋本店に行く機会が無かったパターンでしょうか?

と、言う訳で今更ながら『蒙古タンメン中本』橋本店デビューで御座います。

まあ、駅から近いとも言い難いので、わざわざ橋本店に行く為だけにムーブする勢いが必要なのは否めないでしょうか?

『北極の夏』(930円)

筆者、かなりのキャットタン(猫舌)ですので基本は”ひやみ”、すなわち『冷し味噌ラーメン』(つけ麺)ですので、橋本店も統一しようと思ったのですが、限定で『北極の夏』を出していたので、思わず飛び付いてしまいました。

どうでしょう?

この圧倒的なネギ感……キテるんじゃないでしょうか?

言うまでもなく『北極の夏』のベースは『北極ラーメン』でして、そこに夏野菜となる茄子、ニンニクの芽、大量の長ネギ、豚挽肉がドーンと加わる感じでして、ぶっちゃけ『北極ラーメン』よりも具沢山で御座います。

そして!

『蒙古タンメン中本』の平日ランチタイムは、なんとライスが無料サービス中だったりして!

と、言う訳でライスとの相性も踏まえての『北極の夏』チョイスだったんですけどね。

気になる味の方ですが、やはり予想通り『蒙古タンメン中本』の、もとい『北極ラーメン』のスープには”茄子”が抜群に合う訳でして、さらにニンニクの芽が風味を加速させ、大量の長ネギも相まって誠に美味しゅう御座います。

麺は『蒙古タンメン中本』の中太麺、ちょいとヤワ茹でがデフォですが、橋本店はほんの少し固めを意識してるかもですね。

麺量も多いので、十分な満足感が得られると思います。

いわゆる”辛さの中の美味さ!”と言う点では、やはり茄子が加わる事で一段と旨さがアップしているので、この『北極の夏』はオススメで御座います。

ちなみにベースが『北極ラーメン』ですので、初心者は手出し無用かもですが、ライスを併用すると辛さをコントロール出来るので、そこまで厳しくはないですかね?

このレベルの辛さになると水は役に立たないので、むしろ野菜やライスを活用すべきかなと思います。

ん~……普段はピュアに『冷し味噌ラーメン』でソリッドな辛さをエンジョイしているのですが、時には野菜も有りですかね?

麺を食べ終えたら、今度はライスとスープで”Secondステージ”をエンジョイします。

長ネギも沢山あるし、挽肉も大量に入っているので、確実にライスとの相性は良いんじゃないでしょうか?

って言うか、ライス大盛り無料は神案件ですね!

ご馳走様でした!

『蒙古タンメン中本』橋本店 総評

さすがの『蒙古タンメン中本』でして、多少混んでも客捌きがイイ感じなので、そんなに待つのもシンドイ感じではありません。

橋本店はちょっとだけ中が広いので、店内待ちも余裕で御座います。

ちなみに橋本店は「従来の辛さのレギュラー&辛さ抑え目バージョン」を用意しているらしいので、ある意味”非カラ”(あまり辛くない)メニューのバリエーションは多いかもですね。(星印は辛さ抑え目有りとの事)

と、言う訳で『北極の夏』も美味しいので、是非みなさんも『蒙古タンメン中本』橋本店に食べに行ってみて下さい。

スポンサーリンク