【家系】相模原で人気の『クックら』で”大盛ラーメン”とか”つけめん大盛”とか【デカ盛り】

『ラーメン大盛り』880円

基本、トッピングしない主義と言うか貧乏なのでノーマルで頂きたい筆者ですが、『クックら』には頑張って欲しいので『キャベツ』(70円)をトッピングしてみました。

とは言え、『クックら』のTwitterサービスを使って『チャーシュー増し』(100円)を利用したので、売り上げに貢献しているとは言い難いかもですが。

どうでしょう?

筆者、タバコは吸わないのでタバコの箱を置いたりもしない為、毎度の事ながらスケール感が掴みにくいとは思うのですが、かなり丼の限界まで盛り付けている感じで御座います。

ちなみにキャベツのおかげでチャーシューが見えないのも作戦ミスな可能性は否めませんが、家系ラーメンにキャベツはマストなので細かい事はキニシナイ。

ん~……しっかり炊かれた豚骨スープの色合いもまたヨシですな!

そして家系ラーメンと言えば”ホウレンソウ”も必須でしょうか?

あと『クックら』のチャーシューはブランド豚の”三元豚”を使っている事も、報告しておきましょう。

ですので、基本的にチャーシューは増してく方向でよろしかと存じます。

気になるスープの方ですが、やはりオープン当初よりも濃度を上げて来たって感じの仕上がりでして、まさに家系ラーメンのド真ん中だと思います。

そして!

麺量が多い気がする『クックら』でして大盛りとなると、チョットした『ラーメン二郎』の小を彷彿させる感じになるのも、筆者的には嬉しいですね!

通常、ラーメンであれば2食3食当たり前の筆者ですが、この日は『半チャーシューまぶし』も食べたので次の店に流れる余裕が無いほどに満腹で御座います。

麺は家系的な中太ストレート麺、昨今は麺カタメで食べる人が多いと思うのですが、筆者はあくまでも店側が一番美味しいであろうと思う茹で加減で仕上げる”普通”で食べる派で御座います。

ま、ここら辺の好みもチューン出来るのが、家系ラーメンの魅力ですよね。

『半チャーシューまぶし』100円

「家系ラーメンと言えばライスも必須である!」……ってのが主流だとは思いますが、『クックら』の場合は素直に『チャーシューまぶし』的なのをオーダーした方が幸せになれると思うので、筆者的にはコチラを推奨したいと思います。

勿論、家系ラーメンの醍醐味と言えば、自分の好みにカスタマイズして食べるって所がキモなので、白米派は『ライス』(60円)でいいじゃない。

『つけめん大盛り』に続く!