『ワークマンプラス』で2018年新モデルのイージスを見て来たので御報告

それとなく立飛駅まで行ってみた

『ワークマン』の秋冬商品発表会と言う事で、東京都立川市にある”ららぽーとたちかわ立飛”に2018年9月5日オープンする『ワークマンプラス』に行ってみました。

『ワークマンプラス』

東京都立川市泉町935-1

ららぽーとたちかわ立飛3階

営業時間 10:00~21:00

『ワークマンプラス』Googleマップで表示

ま、今回はバリバリにブロガー枠ですが、まあメディア枠でも書く事は同じなんで別にいっかなと。

ちなみに新しくオープンする『ワークマンプラス』は、従来の『ワークマン』の新形態?となる店舗でして、今までの”作業服販売店”から”アウトドアブランド”への脱却みたいな感じでしょうか?

と、言うものの基本的には『ワークマンプラス』の商品は『ワークマン』でも取り扱っているので、近隣に『ワークマンプラス』が無くても慌てる必要はありません。

え~、とりあえず聞いた話によりますと「作業服を高機能、多機能化してデザインを洗練したら、一般のアウトドア的なウェアと大差なくなったので、じゃあアウトドアっぽいイメージの店舗で売ってみよう!」みたいなノリらしいです。

ここら辺、企業の戦略とか数字とか沢山あるので沢山書いても良いと思うのですが、筆者も含めてみなさんもそこら辺の数字には興味がない方が多いと思うので、話を先に進めます。

とりあえず『ワークマンプラス』は”アウトドア・スポーツ・レインウェアの専門店”って事だけ頭にブチ込んで頂ければ幸いで御座います。

商品の魅せ方を変えたらしいですよ?

そう言われてみたら従来のホームセンター的な作業服専門店な『ワークマン』と比べると、かなりシャレオツな雰囲気だと思いませんか?

並んでいる商品は今までもこれからも『ワークマン』で売られているアパレルなのですが、ガラッと雰囲気が変わってアウトドア専門店っぽい感じですね。

と、言う訳で「ちょっとワークマンとか入りにくいかも~」みたいなヤングな世代とか女子層にも入り易くなったと思います。

圧倒的コストパフォーマンス!

で、そこは長年の経験で培われた『ワークマン』のウェアですので、コストパフォーマンスは非常に高めで御座います。

ま、いわゆる海外のアウトドアブランドの店に行ってジャケットを1着買う値段で、この『ワークマンプラス』ならジャケットを3着、4着と買う事が出来ます。

ここら辺はブランド物が高いのか『ワークマンプラス』が安いのかって話ですが、分かりやすく身近な所の『ユニクロ』辺りと比べて頂ければ、いかにコスパに優れているかが分かるかなと。

実際にカタログを見比べるのは面倒なので却下しますが、筆者の体感では『ワークマンプラス』の方がひとまわり安い感覚ですな。

例えば筆者も愛用している『Field Core』の”肌サラ”長袖Tシャツとか税込み980円ですし?

冬のアウトドアウェアは確かにアウターも大事ですが、その前にインナーもしっかり”汗対策”をしておかないとですからね。

他にも『ワークマン』得意の”ストレッチ機能”を満載したパンツなどなど?

ここら辺、筆者もすでに作業服として実戦投入しておりまして、フィリピンでは2ヶ月間お世話になりました。

ちなみに海外だと作業服とか安く買えそうだから、現地調達でも良さそうに思うでしょうが、向こうはまだまだ”機能性”を重視したウェアが少ないのです。

確かにデザインはソレっぽいのはありますが、やはり立体裁断では無かったり、速乾性が無かったりと値段は安いものの、あくまでも普通の作業服で御座います。

ま、そこら辺は別記事で書くとして、とりえず『ワークマンプラス』に来れば1万円で透湿防水ジャケットと高機能パンツにインナーくらいは買えちゃうかなと。