『らーめん浅沼屋』なんとなく鶏白湯と魚介な醤油ラーメンを食す@相模原

『らーめん浅沼屋』淵野辺

神奈川県相模原市中央区淵野辺1-12-9

営業時間 11:00~14:30 17:00~21:00

土曜祝日 11:00~15:00

定休日 日曜日

『らーめん浅沼屋』Googleマップで表示

それとなく淵野辺のターン!

そんなにオススメ出来る地域では無いのですが、やはり麻布&桜美林パワー(青学生は淵野辺に住んでない説)があるので、相模原にしてはヤングが多い地域だと思います。

と、同時に駅周辺にマンションがちょいちょいあるので人口的には多いと思われ、それなり飲食店も有ったり無かったりする可能性……あると思います。

実際、相模原市の中心であるはずの”JR相模原駅”ら辺は飲食店は減る一方ですので、僅かながらも微増している淵野辺は”伸びしろ”があるんじゃなかろうか?

そんな感じで「人が多い=情報を検索する人が多い=需要有り!」って図式になるので淵野辺ら辺はとりあえず制覇しておこうかなと。

ちなみに『らーめん浅沼屋』はモツ鍋屋としてオープンした直後に行ったものの、なんか接客とかもアレだし特に美味しくもないと言うか、「これくらいなら自分で作るか?」みたいな感想だったので、「今度はラーメン屋?知らんがなw」ってノリだったので完全スルーしていた訳ですが、筆者の個人的な思惑とは別に情報としては存在してもいいかなと思うので、今更ながら食べに行ってみた次第です。

『醤油 中』700円

こんな感じですが、何か?

ビジュアル的には普通でして、デフォルトで玉子があるのはナイスだと思います。

え~、店側が申告しているのか本がそう書いているだけなのかは謎ですが、とりあえず醤油ラーメン的な何かでして、スープ的には鶏白湯と魚介のWスープだそうです。

ん~……鶏白湯とは何かって事に関して小一時間始めちゃいそうなんでスルーしますが、言うほど白湯じゃねぇって感じでして、ただの白濁した鶏ガラスープですかね?

白湯の場合は意図的に濃度を出しているので、もっと色も濃いと言うか透明感は無い訳ですが……。

醤油ダレを入れてこの色な時点で”お察し”な訳でして、これくらいなら白湯を名乗らない方が潔いと思います。

気になる味の方ですが、魚介感でマスキングされているので、全体的にマイルドな味でしょうかね?

ゆえに誰もが食べやすい味だとは思いますが、若干オイリーなので万人向けとも言い難く、どこら辺に寄せたラーメンと言うか味付けなのかは謎で御座います。

年配の人達にとっては脂がシンドイですし、ヤングにとっては微妙な鶏白湯?が物足りないですし、極一部のニッチな層に響くんだか響かないんだかって気がしないでもないです。

麺の方は中細でストレート、特に語る所もない普通な感じですが、並盛りも中盛りも同一料金なのは魅力かなと。

ご馳走さまでした!

『醤油 並』総評

特に美味しくない訳でもなく、さしてディスる要素もない醤油ラーメンですが、逆にコレと言った魅力を感じませんでした。

ここら辺、好みの問題ですので『らーめん浅沼屋』のラーメンが好きって人も居るだろうし、それはそれで良いと思います。

筆者的には個性的で美味しいラーメンが溢れる相模原ですし、近隣には『淵野辺大勝軒』、ちょっと歩けば『中村麺三郎商店』もあるので、あえて『らーめん浅沼屋』に行くシチュエーションが発生しないのは否めません。

ま、そもそもが「ラーメンに自信があるなら最初からラーメン屋やってるだろ」感が先行してしまうって言うか、モツ鍋でコケたからラーメン屋になったとしか認識していないので、そこら辺のモヤモヤ感もマイナスに作用するかもですね。

って感じですので、恐らくモツ鍋屋時代に「あれ?」って思った人達は興味がない『らーめん浅沼屋』だと思いますが、何も知らない人ならばワンチャンあるかも知れないので、気になる人は行ってみたらいいじゃない。