『ラーメンショップ』で食べるチャーハンは尊い!異論は認める。@相模原

『ラーメンショップ』麻溝台店

神奈川県相模原市南区麻溝台382-1

営業時間 6:00~21:00

定休日 無休

『ラーショ麻溝台店』Googleマップで表示

ラーメンショップで蕎麦ですと?

筆者、そこまでラーメンショップ系列、すなわち”ラーショ”には思い入れは無いのですが、なんだかんだと『ラーメンショップ上溝店』とか行きますし『壱発ラーメン』も昔はお世話になったので、好きか嫌いかって言われたら「フツー」みたいな無味無臭な感じで御座います。

と、言う訳で個人的にはそうでもない案件なのですが、相模原と言う土地柄を考慮するとラーメンショップ抜きではラーメンを語れないと思うので、今この美味しいラーメンが溢れる21世紀にあえてフツーな”ラーメンショップ”に注目してみたいと思うんですけど、どうでしょう?

『Aセット』800円

そうは言ってもラーショって基本的には同じ味の傾向ですので、多分にラーショを記事化したところで、どれも似たり寄ったりな可能性は否めません。

しかし!

この『ラーメンショップ麻溝台店』は”蕎麦&うどん”の店が併設されていると言うか、同じ店舗内に存在しているので他のラーショには出せないビジュアルを期待出来ると思ってみた次第です。

結果、蕎麦&うどんは軽くスルーして普通にランチ限定の『Aセット』、すなわち”ラーメン&チャーハン”的な感じになりました。

「それって普通じゃね?」

と思う人が多数だとは思うのですが、ラーショ系の店のチャーハンってスゲー珍しいので、ランチ限定とは言えチャーハンが食べられると言う奇跡に感謝すべきかなと。

とりあえずラーメンの方ですが……まあ、普通にラーショのラーメンですかね?

ま、なかなか麺量もあるし値上げを重ねてラーメン550円になってしまったものの、まだまだコスパは悪くないと思います。

で、麺量あるラーショですので、美味しく食べるなら確実に麺をほぐす事を推奨したい筆者で御座います。

確かに麺線が揃っていると美しいのですが、そのまま食べると「ん?」みたいな味になるので、必ずしっかり”自らの手(箸)”でほぐして下さい。

スープの方はラーショ的にはまあまあと言うか、ちょいとライトな気もしますが背脂の甘みが溶け込んでいたりと、それなりイイ感じのスープだと思います。

ここら辺、時間帯によって多少ブレると思うので、濃い薄いを1回で判断するのは危険かなと。

しいて言うならチャーシューが腿肉的な感じでして、やはりパサつき加減が気になる感じである事は報告しておきましょう。

ま、豚バラや肩ロースに比べると腿肉の方が安いので、豚肉の値段が上がりまくりな昨今、こういう選択肢も有りですが、やはり腿肉は硬かったりパサりがちですので難しい所ですな。

そして!

気になるチャーハンの方ですが、まったくもって普通、”キング・オブ・フツー”と言っても過言ではなく、チャーハンとしての個性を見出すのは難しいと判断しました。

逆に言えばフツーのチャーハンをラーショで食べられる幸せを噛みしめるべき案件でして、そういう事で良いと思います。

あと大事な事なんで書かないのもアレだと思うのですが、書いたら書いたで『Aセット』の存在を全否定になるので、どうしようかな~どうしようかな~と3秒ほど悩んだのですが、書かないでいると筆者が悶々としたまま人生を終える事になるので、あえて言おう!

「ラーショのスープにチャーハンは塩っぱいと!」

白米に比べると明らかに塩分過多ですので、そこら辺は注意する必要がある可能性……あると思います。

ってか、なんならオニギリ食べたらいいじゃない。

ご馳走さまでした!

『Aセット』総評

ぶっちゃけ特に感動する要素があった訳ではないのですが、ラーメンとチャーハンで800円って事なら選択肢として有りかなと。

場所的には駅からもスゲー遠いのでアレなんですが、ラーショですのでロードサイド店舗的な感じで駐車場は広いので、車やバイクなどの足があるなら魅力的だと思います。

ま、あとは”蕎麦&うどん”も食べられるので、「ラーメンはチョット重いかな?」みたいなアンニュイな日にも対応出来ると思うので、そこら辺でもワンチャンあるんじゃないでしょうか?

と、言う訳で結果から言うとベスト・オブ・フツーな『ラーメンショップ麻溝台店』って感想になりますが、”ラーメンコロッケ”みたいな亜流も愉しめるラーショって可能性も1㎜くらい残っているので、気になる人は食べに行ってみて下さい。