【速報】デカ盛りローストビーフ丼が1円~で食べられるチャンスですと?@『酔っ手羽』

『酔っ手羽』六本木店

東京都港区六本木3-14-8 1F

営業時間 24時間営業

定休日 無休

『酔っ手羽』Googleマップで表示

ローストビーフ丼が1円からですと?

居酒屋革命『酔っ手羽』六本木店、ヨドバシAKIBA店、五反田店の3店舗で2018年9月18日~10月18日まで開催されるイベント、”酔っ手羽天使プロジェクト”の情報をキャッチしたので、早速取材に行ってみました。

今回のイベントは『天使のローストビーフ丼』(通常価格1080円)がなんと、一定の条件を満たすと言い値(1円でも可)で食べられるとの事でして、これは気になる人も多いんじゃないでしょうか?

と、言う訳で先行して食べて来たので、今回は各種レギュレーションも含めて解説したいと思います。

1日限定100食である!

『酔っ手羽』六本木店、ヨドバシAKIBA店、五反田店の3店舗のみ、かつ平日のランチタイム限定(土日祝日不可!)でして、かつ1日限定100食との事で御座います。

ちなみに六本木店のランチメニューを見た所、11:30~14:30って書いてあるので、そこら辺がランチタイムだと思います。

ま、ここまでは普通と言うか特に条件って程でも無いのですが、今回は”酔っ手羽天使プロジェクト”ですので、コチラのエンジェル的な要素が必要となります。

具体的に書きますと、このドンキで売ってそうな”天使の輪”「行列中&食べ終わるまで頭に装着する」みたいな条件が満たされる必要があるのです。

ま、頭部が無い人はこの世に存在しないと思うので、コレは誰でも簡単に条件を満たす事が出来るんじゃないでしょうか?

この超簡単な条件さえクリアすれば、あとは言い値(1円~)でOKとの事です。

『天使のローストビーフ丼』

え~、まずは『天使のローストビーフ丼』のスペックを紹介しておきましょう。

国産腿肉のローストビーフを150グラム、手羽先2本、卵の黄身✕1、そこに御飯を合わせて総重量800グラムとの事で御座います。

ですので……御飯は600グラムちょっとですかね?

ほぼデカ盛りメニューな予感の『天使のローストビーフ丼』でして、これはチョット気合いが必要だと思います。

結果、こんな感じのビジュアルですが、どうでしょう?

若干、天使と言うよりは悪魔寄りな気がしないでもないビジュアルですが、さすがに総重量800グラムは伊達じゃないって感じですね。

『酔っ手羽』と言えば”手羽先”が売りですので、この『天使のローストビーフ丼』は手羽先在りきのメニューである事も報告しておきましょう。

ローストビーフ丼的なアイテムには欠かせない黄卵もいいですね~!

一応、コンセプトとしては天使がモチーフなメニューでして”手羽先=天使の羽根”なのですが、やはり食べる順番としては最初に手羽先から食べちゃわないと手羽先が冷めてしまうので、一瞬で羽根をもがれる運命にあります……。

ま、脂が少ないローストビーフとかサラダみたいなもんなので、筆者的には軽めのランチって感じでしょうか?

嘘です。

さすがに米と言うか御飯の量がチョイチョイあるので、食の細い人は完食出来ないかもですね。

具体的には『ラーメン二郎』の小豚をペロリと食べられる人なら余裕ですが、そこら辺のボリュームでちょっと考えてしまう人は、ちょいと厳しいレベルだと思います。

ま、特に罰則等は書いてなかったと思うのですが、「食べ残す=食事が終わらない=天使の輪を外せない」(途中で外すと失格?)みたいなコンボは確定だと思うので、エンジェルチャレンジする気ならば、万全のコンディションで挑んで欲しいと思います。

気になる味の方ですが流石に国産のローストビーフだけに美味しくて、特製のソースもイケてるので御飯がススム君かなと。

しいて言うなら、ちゃんとペース配分を計算しないと御飯だけが残ってしまうので、いくらローストビーフが美味しいからと言っても、ローストビーフ先行だと後半戦で苦労するとアドバイスしておきましょう。

ご馳走さまでした!

『天使のローストビーフ丼』総評

食材とか人件費が高騰しつつある昨今、なかなか「食べきったら無料!」みたいなチャレンジメニューは少なくて、仮にあっても無理ゲー(クリア出来ないゲーム)みたいな感じだったりするので、この『酔っ手羽』のイベントは神だと思います。

何せ自尊心とかプライドを捨てて”天使の輪”を装着し、後は美味しい『天使のローストビーフ丼』を普通に完食するだけでOKですので、難易度としては超簡単だと思います。

と、言うか総重量800グラムのローストビーフ丼ですので、なんなら”天使の輪”は無かった事にして、普通に1080円で食べるのも正解じゃなかろうか?

ちなみに筆者、さくっと食べ終えた感想からして1080円でも妥当、天使の輪を装着する屈辱を差し引いたら500円のワンコインかなってのが、正直な感想で御座います。

とは言え、レギュレーションに”1円~”(言い値価格)って書いてあるので1円でも10円でも、そこは食べた人が決める事が出来るので、あとは「空気読もうぜ!」くらいのニュアンスで大丈夫だと思います。

(本当に全員が1円で食べたら、来年以降は開催不可じゃね?みたいな?)

他にも”天使の輪”を装着した状態、すなわち「酔っ手羽エンジェル」の自撮り写真や、『天使のローストビーフ丼』の写真を”#酔っ手羽エンジェル”のタグを付けてSNSで投稿し、その画面を提示する事で「期間中何度でもドリンクが最初の1杯無料になる!」みたいなクーポンが貰えるそうです。

(当事者のみに限ります)

さらに毎月18日は”手羽の日”と言う事で手羽先1本18円とか、色々なイベントをやっている『酔っ手羽』ですので、何かと注目な予感ですね。

あと「ローストビーフ食べて1円はちょっと心苦しい」みたいな天使様は、コチラのオプションサービスを併用する事で罪悪感が薄まるのでオススメで御座います。

そんな感じで恐らく世界最安値でデカ盛りローストビーフ丼が食べられるチャンスですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。