【デカ盛り】テルエル豚の上ロースカツ定食的な何かとローストビーフ丼を食べる夜@『焼肉はせ川』

『焼肉はせ川』超完全予約制

神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00

定休日 水曜日

電話番号 042-765-5858

『焼肉はせ川』(グーグルマップで表示)

月に一度のプレシャスタイム!

”キング・オブ・予約が取れない店”と言われる『焼肉はせ川』ですが、とりあえず月に1回、希に2回くらい行けちゃう感じの筆者ですので、あえて言おう!

「焼肉はせ川は完全予約制であると!」

スマホで検索すれば『焼肉はせ川』が予約制である事を知るのは容易ですし、そもそもネットで検索しなければ店の場所すら分からないレベルの秘境であるにも関わらず、未だに予約無しで訪れる人が後を絶ちません。

基本、『焼肉はせ川』は炭火焼肉ですので、七輪の準備等々もある訳ですし”完全予約制”を謳っているのですから「席が空いていたら入れるだろう」みたいな考えはナンセンスで御座いまして、筆者が知る限りは100組中100組、予約無しでは入店出来なかった事実を報告しておきましょう。

あと”大人の焼肉屋”ですので20歳以上のアダルトしか基本的に入店出来ない事を報告しておきましょう。

『松阪牛友三角』1580円

基本、復興支援って事で東北方面の牛肉さんを使う事が多い『焼肉はせ川』ですが、9月はチョイチョイ”松阪牛”様みたいなのが試験的に投入されました。

しかも!

”友三角”言うたら”上カルビ”みたいな部位ですので、これは是非とも食べておくべき案件だと思います。

ぶっちゃけ、筆者レベルの財布ヂカラですと『焼肉はせ川』以外では松阪牛とか食べれませんからね!

ま、その他もろもろの肉については散々語って来たので省略しますが、王道のコースとしては”ヒレ肉→上牛タン→オススメの肉→柔らかハラミ”くらいは流しておくと良いかなと。

どうしても初心者はメニュー表を見て”100円焼肉”に走りがちですが、後半戦とかデザートまで考えると胃袋的に100円シリーズを食べる余裕はなく、むしろ他では食べれない希少部位とか高価な部位を食べるのが正解で御座います。

ここら辺、人数にもよりますが基本的な目安としては「人数✕焼肉の数」くらいに押さえないと何も出来なくなっちゃいますね。

ですので4人なら肉4種類、6人なら肉6種類くらいが”余裕ある展開”ってパターンでして、それに1種類プラスするかしないかくらいが丁度良いと思います。

あとは100円の『ポテトサラダ』とか?

『馬刺し』(650円)とかもサッパリしてるので、サラダ替わりに食べてみたら良いと思います。

サイドメニューが本番である!

ここら辺も初めて『焼肉はせ川』に来た人は、何を食べるか悩んでしまう罠ですが、まあそこら辺は当サイトで色々と調べておけば、ボリューム感も含め掌握出来るかなと。

しいて言うなら『焼肉はせ川』の場合は基本”デカ盛り”ですので、各々が好きなメニューをオーダーすると半分くらい食べ残す事になるので、リーダーが決めるか多数で決めるなりで”意思を統一する”みたいな作業は必須となります。

ま、公式発表ではありませんが『焼肉はせ川』は金さえ払えば良いって店ではなく、店主のモチベーションだけで続いている様な店ですので、”盛大に料理をオーダーするものの食べ残しばかり”ってグループは、全てを綺麗に食べるグループに比べると、次回以降の予約が取りにくくなる可能性は否めませんね。

もしも筆者だったら料理ばかり作らされて超忙しい思いをした挙げ句、食べ残しばかりでモチベーションが下がるグループの予約は二度と受けないと思います。

ここら辺、料理人であれば当たり前の事でして、チェーン店とは違うって事を脳味噌にブチ込んでおくべきかなと。

料理も作るの大変ですので、値段が超安いからって片っ端からオーダーして片っ端から食べ残す輩は”万死に値する”ので覚えておきましょう。

とは言え、メニューによっては「少な目でお願いします!」とかも通用するので、メチャメチャ食べ盛りなメンズが少ない時は、少な目コールも有効である事は布教しておきたいと思います。

そして!

ここ最近は『焼肉はせ川』の『油そば』がオキニな感じでして、参加メンバーからも絶賛、評価的にはいつも100点なメニューですので、これは是非とも食べて欲しいと思います。

ま、『大人のオムライス』とかラーメン系は少な目(それでも多いのですが……)コールが出来ると思うので、初見であれば少な目でオーダーした方が無難かもですね。

あと、これは人それぞれと言うかグループで決めておけば良い話ですが、やはりせっかく『焼肉はせ川』に来たのですから写真はちょいちょい撮りたい人が多いはずなので、料理が来ても”ワンクッション待つ”みたいな大人の余裕は欲しいかなと。

ここら辺、それなり店側も意識しているのか照明を明るい”LED電球”に交換して、スマホでも写真が撮りやすくなったので、ガンガンにSNSに料理写真をUPしたらいいじゃない。