【コング】『59KONG』”店長チャーハン”&”得まぜ麺”を食す!@相模原【コピオ】

『59KONG』@コピオ相模原インター内

神奈川県相模原市緑区4-2-3

営業時間 11:00~20:00

定休日 水曜日&第3木曜日

『59KONG』Googleマップで表示

コピオ相模原に『59KONG』オープン!

え~、台風直後の快晴となる本日、コピオ相模原インター内に『59KONG』がオープンするとの事でして、他の予定はキャンセルしてマッハで訪れてみた次第です。

ここら辺、兼業ブロガーでは難しいのですが、フットワークと財布の軽さが売りの当サイト、スピード感においては負けられないぞと。

ま、一応は書いておきますと同じコピオ内にある『元祖一条流総本家分店』の系列店でして、かつて『極 goku』だった場所にオープンした感じで御座います。

わりと急なオープンって感じですが、二転三転して着地したらしいです。

とりあえずチャーハンと”まぜ麺”が売りっぽいんので、せっかくオープン初日に来たのですから、ここは両方食べちゃう感じでどうでしょう?

『店長チャーハン』680円

如何でしょうか?

コチラ、『店長チャーハン』と『ラー・チャーハン』みたいな感じで呼称が統一されていない感はありますが、今回は店長直々に作ったのでそこは『店長チャーハン』かなと。

ネーミングの通り、ラー油的な風味あるピリ辛チャーハンって感じですが、このラー油の風味は”辛さ”よりも”香ばしさ”を重視した感じですので、よほど辛いのが苦手でなければ美味しく食べられると思います。

ま、流石に『59KONG』の看板メニューと言うか自信作ですので、その美味しさは疑う余地がありません。

気になる具材の方ですが”ネギ、卵、チャーシュー”ってオーソドックスな感じですが、そこにラー油的なアイテムが加わっていると予想されます。

スープの方は中華な奴ではなく、しっかりした卵スープ的な感じですので、これまた美味しいですね!

ちなみに店長はチャーハンを得意とするらしいので(店の外で呼び込みをしていた人、談)やはり『59KONG』に来たなら必食かと存じます。

『得まぜ麺大盛り』800円

そしてコチラがもうひとつの看板メニュー『得まぜ麺』となります。

ちなみに『得まぜ麺』も『あぶら麺』的なセカンドネームがありますが、券売機的には『得まぜ麺』となっているので、恐らく『得まぜ麺』に統一されると思います。

ニンニクはトッピングの有無が選べるらしいので、仕事中の人も安心ですね。

無論、筆者はニンニクは試す必要があるので、迷い無しのニンニクコールで御座います。

ま、そこら辺は置いておくとして、なかなかナイスなビジュアルじゃなかろうか?

何せ”特”ではなく”得”ですので、お値段150円アップでかなり具材が増えているので、ここは決め打ちで『得まぜ麺』で良いと思います。

大盛りですと300グラム(茹で前)ですので、実際かなりの大盛り感がありまして、これで800円はコスパも高いかなと。

ちなみに店の外で呼び込みをしていた人によると、「学校帰りの学生に沢山食べて欲しい!」みたいなコンセプトらしいので、ボリュームやコスパに関してもかなりコダワリがあるんじゃなかろうか?

さてさて、気になる味の方ですが、そこは流石に”極グループ”ですので、今更美味しいを連呼するのも野暮な感じで御座います。

特に麺ですが、しっかりした中太の麺でして、食べ応えと食感を両立させた感じになっていますね。

また、コレ系って結構な確率で麺の茹で加減が微妙なのですが、この『59KONG』はしっかりしていて、やや硬めな茹で上がりになっていました。

こちらもタレの方に微妙なラー油感は有りますが、そこまで辛いって訳ではないので、あえてラー油を意識する必要はないと思います。

ちなみに麺の方に最初からタレが絡めてあるので、そんなにムキになって混ぜなくても大丈夫な事を報告しておきましょう。

むしろ、最初は大きく混ぜずに、あえて麺のソリッドな美味しさをエンジョイしつつ、中盤から大きく混ぜて味を濃くすると最後まで美味しく食べられるかなと。

んで、最後は残ったタレに『一口ご飯』(50円)がオススメでしょうか?

ちなみに油そば系って湯切りが甘いと最後のタレにも影響が出るのですが、『59KONG』はきっちり湯切りしてあるので、これならライス・インも美味しく頂けると思います。

ご馳走さまでした!

『59KONG』総評

本当は餃子も食べてみたかったのですが、そこは”59の日”(毎月5日と9日)の”餃子半額”を狙いたい筆者です。

そして!

チャーハンの美味しさもイイ感じなのですが、何気に”混ぜ麺系”が寂しい相模原に『59KONG』と言う選択肢が出来たのは吉報でして、個人的にはプッシュしておきたいと思います。

いや、実際に脂っこいG系の”汁無し”とかはあるのですが、『59KONG』のは生タマネギ効果も相まって、そこまでオイリーじゃないのも高評価で御座います。

しいて言うなら『まぜ麺』の方は大盛りにするとボリュームがあるので、チャーハンと合わせると結構大変な可能性……あると思います。

なので『まぜ麺』の方は『一口ご飯』と合わせ、チャーハン系は餃子と合わせるみたいな感じで2回に分けると、無理なく食べられるんじゃなかろうか?

そんな感じの『59KONG』ですし、何気に券売機には限定ボタンとかがあったので、これからも目が離せないと思います。

と、言う訳で駅からは超遠いのですが、何せコピオの駐車場は広いので車派であれば逆に便利かと思うので、是非みなさんも『59KONG』に行ってみて下さい。