『ラーメンショップいずみ中央店』で”ラーメン(並)”を食べたら美味かった@横浜

『ラーメンショップいずみ中央店』和泉町

神奈川県横浜市泉区和泉町4885-1

営業時間 7:00~翌1:00

定休日 無休

『いずみ中央店』Googleマップで表示

美味しいラーショを探し求めて!

そんな感じで圧倒的”ラーショ特集”ですが、あえて言おう!

「ラーショ沼ってあるかも知れんと!」

「もっと美味しいラーショを!」みたいな欲求が高まると、わりと遠くまで行けちゃうよね~みたいな?

もっとも、店が近いとか遠いとかは筆者の都合でしかなく、人によっては最寄りが『ラーメンショップいずみ中央店』って可能性もあるので、そこは頑張って書く方向でどうでしょう?

結構、ラーショでも人気の『ラーメンショップいずみ中央店』でして、店内も広く座敷まであるのはナイスだと思います。

とは言え、さりげなく新しい食券販売機が導入されていたりもして、ラーショも進化しているのを実感出来ますな。

『ラーメン(並)』550円

どうでしょう?

個人的にはメッチャ『岩のりラーメン(並)』(750円)が食べたかったのですが、この『ラーメンショップいずみ中央店』は美味しいらしいので、ストレートなメニューで勝負してみました。

ん~……写真を見ただけで美味しさが分かるとまでは言いませんが、やはり集中してラーショばかり食べているので、スープの具合を見ただけで雰囲気は掴めちゃう感じでしょうか?

構成としては海苔、チャーシュー、ワカメ、ネギ少々って感じでして、まさにラーショスタイルな感じですが、何気に今でも腿チャーシューな所に『ラーメンショップいずみ中央店』のコダワリを感じますね。

ちなみに腿肉のチャーシューだとパッサパサな店が多いのですが、この『ラーメンショップいずみ中央店』はちゃんと柔らかさを残したチャーシューでした。

ま、絶対的って訳ではありませんが、美味しいラーショは”平ざる”で湯切る店が多く、この『ラーメンショップいずみ中央店』も平ざる使用店で御座います。

とは言え、そこはラーショの”お約束”ですので、まずは麺をスープの中でほぐし、しっかり馴染ませてから食べましょう!

スープの方はしっかりした豚骨感、適度な背脂、乳化の具合もまさにラーショって感じの王道スープでして、しいて言うなら塩っぱさは控え目でして、その分スープの丸さが際立つ風味です。

”優しい味”って書くとパンチが無かったり薄そうな印象ですが、”完成された味”みたいなバランスを感じる『ラーメンショップいずみ中央店』のスープです。

確かにラーショはチョイと塩っぱいくらいが丁度良いとも思うのですが、筆者はこのくらいが好きですね。

麺の方は”○””あ”が入っている奴でして、いわゆる椿系列ラーショの標準の麺となります。

当然、今回も茹で加減等は全て店の標準ですが、麺カタ至上主義者ではないので筆者的には丁度良い仕上がりでした。

麺量もバッチリですし、まさに美味しいラーショって感じでして、片道1時間半かけて訪れた甲斐がありましたね。

ご馳走さまでした!

『ラーメンショップいずみ中央店』総評

確かに噂通りの美味しさでして、筆者的にも高評価で御座います。

しいて言うなら塩分はマイルドなので、塩っぱいのが好みの人だと「普通かな?」みたいな感じになるかもです。

ここら辺、やはり自分の好みの店を見つけてナンボのラーメンですので、あまり美味しいとか不味いみたいな情報に惑わされず、最終的には自分の足で訪れて実食するのが一番かなと。

ちなみにラーショの見分け方ですが、なんでも電話番号が03局だと椿系列みたいな話も有りますが、例外の店も少なからず存在するので、やはりニンニクとか豆板醤の容器を見た方が分かりやすいかもです。

(椿系列以外だと卸せないはずなので)

そして!

『ラーメンショップいずみ中央店』の隣は”蕎麦&うどん”の店ですが、どうやら兄弟店みたいな感じですので、次に行く時はそちらも食べてみようかなと。

と、言う訳でラーショ的には美味しい方の部類に入ると思われる『ラーメンショップいずみ中央店』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。