【大つけ麺博】2018年”ラーメン&つけ麺”日本一の座が決まったので御報告【集計作業レビュー】

2018ラーメン日本一の座は?

はい、と言う訳で今年も新宿の大久保公園で約一ヶ月間に渡って開催された『大つけ麺博』でして、筆者も第1陣から第4陣までガッツリと取材させて頂きました。

ま、今年は”ラーメン日本一決定戦!!”って事でして、出場する店舗もWEB予選などから通過せねばならず、出店するだけでもハードルの高い感じなのですが、あえて言おう!

「今年はマジでレベルが高かったと!」

ここら辺、やはりWEB予選で勝ち上がるだけの実力を伴った人気店のみが出店、かつ日本一の座が掛かっているので例年以上に各店の店主が働いた、もといモチベーションが高かった結果、お客様に提供するラーメン&つけ麺も気合いが入った一杯になったって事でして、日本一決定戦ならではのメリットかなと。

日曜の夜が狙い目である!

ま、終わってから何言ってんだコイツ感は否めませんが、今年は全ての週を通して行列な感じの大つけ麺博でして、特に第4陣の『飯田商店』と『とみ田』は鬼行列でした。

特に『飯田商店』は開場直後で90分待ちとか120分待ちのカードが掲示される勢いでして、かなりのスピードで回転させているにも関わらず、それなりの行列になってしまいましたね。

だが、しかし!

平日の夜は会社帰りの人達で凄い行列なのですが、意外と土日の夜は狙い目でして、”売り切れ”のリスクこそあるものの、行列が苦手な人はそこら辺でワンチャンあると思います。

ちなみに筆者も第4陣の夜8時頃に行ったのですが、『飯田商店』で20分、いや実際には15分も並ばずに食べる事が出来ましたし、スタッフの多い『とみ田』は5分も待たずに食べる事が出来た事を報告しておきましょう。

「今さら遅いわ!死ね!死ね!!」

って御意見もあると思いますが、ここら辺は恐らく来年以降の大つけ麺博でも同じパターンが起こり得るので、超人気店で行列が無理ゲーな状態でも、土日、特に日曜日の夜はワンチャンあるので覚えておいたらいいじゃない。

あとは雨とか降ると人が少なくなって行列も短くなるので、そこら辺も狙い目で御座います。

と、言う訳でさりげなく2杯目の『飯田商店』を食べてたりして!

今回、昆布水が賛否分かれる感じでして、筆者は美味しいと思うのですが、ヌメリが苦手って意見もありましたね。(筆者調べによる)

なお、シュウマイもメチャ旨なので食べれた人はラッキーだと思います。

集計してる所を取材してみた

んで。

とりあえず日本一の座も決まったのでアレなんですけれども、今回は例年よりも票の集計を厳密に行ったと言うか、情報が漏洩するのを防ぐ為に主催者一人で日々の票を集計したいた事を報告しておきましょう。

って事で主催者の井上氏に呼ばれて大つけ麺博の投票結果を集計してる所を取材してみたのですが、あえて言おう!

「めっちゃ地味な作業じゃない?」

票の集計とはそういうモノではありますが、果たしてコレは記事として意味があるのだろうか?

「集計してる所を取材するのは業界初ですよ!」(主催者談)との事ですが、客観的に見てみると絵面も超地味ですし、果たして読者的に盛り上がるポイントはあるのか?みたいな疑問が無きにしも非ず……。

だが、しかし!

『飯田商店』と『とみ田』を食べに行ったついでと思えば、どうと言う事はない気がして来たので、とりあえず記事化してみました。

(この記事、盛り上がれます?)

投票ルールは守りましょう!

え~、とりあえず集計作業を盛り上げる事は出来ないと判断したので、なんとなく「投票ルールは守りましょう!」みたいな啓蒙活動に徹したいと思います。

例えば投票コイン以外、チケットの半券だけとか、現金(100円玉、500円玉)、過去のコイン、パチスロのメダル等は全て無効ですので、入れるなドアホとだけ言っておきましょう。

「とりあえず入れておけば票になるか?」

みたいな甘い考えは一切通用せず、その週のメダルのみが票になるので、ここら辺は周知徹底しておきたいと思います。

ちなみにコレら無効なアイテムは全て井上氏の”呪いの言葉”と共に破棄されるので、余計な仕事を増やした輩には向こう三年、寝てる時に足がつるなどの不幸が訪れるのは間違いないでしょうか?

そして!

第4陣と言えば大行列の人気店が集中している感じでして、特に土曜日と日曜日はかなりの人達が訪れた為、集計するコインの枚数も半端ねぇ感じで御座います。

「で?」

って言うのはミー・トゥーなのですが、ここで大事なお知らせです。

「コインの枚数=順位では無いと!」

何を言ってるのか分からねぇと思うが、俺も何を言われたのか分からない感じでして、要するに大つけ麺博での日本一とは”売り上げ杯数”ではなく”OMD”(美味しさ満足度)で決まるのです。

え~、ここら辺とかフツーに興味が無い話だとは思うのですが、他に書く事もないので面倒ながらも説明しますと、例えば10000杯売り上げても投票コインが8000枚しか入らない店は、1000杯売り上げて投票コインが900枚な店に負けるって事です。

つまり!

杯数だけを売れば良いと言う訳ではなく、どれだけ食べた人に満足して貰えるかが大事!

大事な事だけど二度は言わないパターン!!

ですので、この集計中のコインだけを見ても順位は分からない感じでして、その売り上げ杯数と合わせて集計しない事には、どの店が優位なのかは分からないのです。

つまり!

筆者が片道一時間半掛けて写真を撮りに来てみたものの、これら開票中のコインを見た所で無意味であると!!

そんな訳で杯数売れば良いって訳ではないのが大つけ麺博の面白い所でして、いかに他の店のコインを奪うか、すなわち”推し変させるか”が肝になるとの事です。(主催者談)

2018年ラーメン日本一は?

はい。

そんなこんなで悲喜こもごも、今年は不正な投票を呼びかける事件があったりと、なんだかんだと盛り上がった感のある日本一決定戦ですが、こんな感じになりましたね。

1位『とみ田』、2位『頑者』、3位『麺の虜 牛の虜』となりました。

いや~、上記の3店舗とも食べたのですが、どれも文句無しの美味しさでしたので、順位としては妥当かなと。

今回はかなり僅差で順位が決まったと思うので、本当に接戦だったと思うのですが、やはり『とみ田』が強かったと言う事で!

『飯田商店』もかなり良い所まで行ってたとは思うのですが、やはり行列が長いと期待度も高まっちゃうし、トッピングの売り切れなども”OMD”の低下に繋がっちゃうのかなって考えると、いかに大つけ麺博でトップを獲るのが難しいかが分かると思います。

ま、第1陣から第4陣まで通った筆者の目線では、他にも光る店は沢山あったので次の日本一が何処になるかは、まだまだ分からないって感じでして、いつかは『とみ田』を越えて行く店も出るんじゃないでしょうかね?

と、言う訳でこんな感じの結果が出た訳ですが、今年は全店気合いがいつも以上だった結果、ラーメン&つけ麺も例年より美味しかった可能生……あると思います。

そんな訳で2018年の大つけ麺博はそろそろ終了となりますが、是非みなさんも来年の大つけ麺博を愉しみに待っていて欲しいと思います。

おわり。