【アキバ】秋葉原で一番美味しいラーメンは『青島食堂』のチャーシューメンである!【ランチ】

『青島食堂』秋葉原店

東京都千代田区神田佐久間町3-20-1

営業時間 11:00~18:00

定休日 火曜日

『青島食堂』Googleマップで表示

ラーメン食べにアキバ行く!

秋葉原の魅力的な飲食店はほぼ記事として書いたので、今となっては特に秋葉原に行く事も無いのですが、あえて言おう!

「青島食堂だけは別格であると!」

ウチから秋葉原まで行く距離感を考えると、他にも美味しいラーメン屋さんは沢山ある訳ですが、『青島食堂』の味は唯一無二ですので、青島モチベになったら、『青島食堂』に行くしか無いのです。

ま、久し振りに来てみたのですが相変わらずの行列店でして、やはり分かる人には分かるのかなと。

そして!

やたらと”柿の種”をプッシュしていますが、そこは華麗にスルーさせて頂きます。

筆者は美味しい長岡系ラーメン、すなわち『青島食堂』のラーメンを欲して来ている訳でして、柿の種なんか買う金あったらトッピング乗せるわって結論でFAですな。

『青島チャーシュー麺大盛』+トッピング

こんな感じで如何でしょうか?

今回は遠路はるばる『青島食堂』にやって来たので『自家製チャーシュー』(100円)と『茹ホウレン草』(100円)のトッピングを追加してみました。

まあ『青島チャーシュー麺大盛』(950円)なら、あえてトッピングしなくても満足感100%なのですが、それだと昔の記事と同じ構成になってしまうので、あえて乗せてく方向で!

今の秋葉原ら辺には数多くのラーメン屋さんがある訳でして、美味しい店もそれなり存在している訳ですが、筆者が観測した結論としてはコチラの『青島食堂』が一番人気で間違いと思います。

気になる味の方ですが醤油感漂う濃い色のスープは、しっかりした動物系の清湯スープに生姜が利いている感じでして、ちょいとオイリーではあるものの、誰もが好きな味だと思います。

そして!

『青島食堂』と言えばやはりチャーシュー抜きでは語れない感じでして、やはりチャーシュー麺を食べてナンボな可能生……あると思います。

ラーメンのチャーシューってトッピング的な要素として認識されていますが、実はスープの鍋で茹でたりタレの方に漬けたり煮込んだりするので、何気にラーメン全体への影響力も少なくなかったりします。

ここら辺、ラーメンの方向性と言うかスタイルによって違うのですが、例えば『ラーメン二郎』などは骨系だけではなく、肉系の旨味を加える為に積極的にチャーシューをブッ込んで行く感じでして、チャーシューが美味しい店、つまりチャーシューが良く売れる店は売れない店よりもスープ自体が美味しくなります。

と、言う訳でしてチャーシュー麺主体、かつチャーシュー追加トッピング利用者の多い『青島食堂』が美味しいのも納得でして、多くの人が『青島食堂』のチャーシューを欲した結果、より『青島食堂』のラーメンが美味しくなっている訳ですな。

大盛りなら麺量も多いのでボリューム的にも超満足出来ると思います。

ご馳走さまでした!

『青島チャーシュー麺大盛』総評

ま、相変わらずの美味しさでして、ちょいちょい値上げしてる感はあるものの、豚肉の原価が上がってるので仕方ないかなと。

むしろ値上げよりもラーメン自体がショボくなる方が罪だと思うので、味とボリュームを守る為なら値上げも賛成な筆者で御座います。

ちなみに『青島食堂』に行くと、その行列で心折れる人も少なくないと思いますが、『青島食堂』はかなり回転の早いラーメン屋さんですので、見た目ほど待たされる事は無い事も報告しておきましょう。

ちなみに店内待ちをしている時に店員さんに食券を見せる瞬間が訪れるので、スマホいじってる場合じゃねぇとだけ言っておきましょう。

ま、そもそもがアキバと言うには秋葉原駅からチョイと離れている『青島食堂』ですが、そこまで歩くだけの価値あるラーメンですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。