【デカ盛り】八王子の『ホープ軒』で”チャーシューメン大盛”を食す!

『ホープ軒』@八王子

東京都八王子市大塚495-1 エスポアールエイシン

営業時間 11:00~15:00 17:30~23:00

定休日 不定休

『ホープ軒』Googleマップで表示

八王子の『ホープ軒』ってどうよ?

前に1度食べてみて、なかなか自分の好きなラーメンだったので、いつか『ラーメン特盛』を食べてみようと思っていたのですが、あえて言おう!

「まずは段階を踏むべしと!」

普通のラーメンでもガッツリなボリューム感でして、それの中盛り、大盛りとなるとかなりのボリュームと予想され、もはや特盛りとか異次元過ぎて想像不可で御座います。

と、言う訳でまずは大盛りレベルで様子見したらいいじゃない。

『チャーシューメン大盛』1130円

如何でしょうか?

ちょっと写真ではスケール感が掴みにくい感じですが、何も知らずにコレが出て来たら精神的にギブすると思われ、やはり『ホープ軒』はヤヴァイですね……。

ま、お値段も1130円と高めですので、逆にこのくらいのボリューム感は欲しい所ではありますが。

まあ、今日はこれ1食だけで済ます予定ですので、筆者的にはどうと言う事はない量でして、普通にチャーシューメンとしてエンジョイさせて頂きます。

ちょっと写真だと分かりにくいかもですが、チャーシューの下にはそれなりのモヤシとかネギが盛られているので、トータルで考えると『野猿二郎』の小豚ヤサイをペロリと行けるレベルでないとシンドイと思います。

どうでしょう?

この罪深い感じの背脂感は?

どっしりした重厚な豚骨スープ&背脂によるヘヴィーな一杯でして、『ラーメン二郎』のソレとは別方向ですが、かなり重いラーメンかなと。

だが、しかし!

昨今はこういう血管を詰まらせてく方向のラーメンって減って来たので、この暴力的なまでの背脂感は貴重だと思います。

ちょうど店が空いてる時間だったので店主と話をしてたのですが、これでも昔に比べると背脂は控えているそうでして、時代と共に脂の量は確実に減って来たそうです。

ま、確かに”脂=カロリー=太る”みたいな図式は誰にでも想像出来ますし、過剰な脂質は成人病への第一歩ですので、中途半端な健康志向が広まると、なかなか思い切りの良いラーメンってのも作れなくなるかもですな。

流石に筆者もスープを飲み干すまでは行きませんが、まあチョイチョイ背脂と共に飲む『ホープ軒』のスープは背徳的な旨さでして、月1回くらいはチートデイって事でこういうラーメンも食べる方向でどうでしょう?

ビジュアル的にはジャンクなラーメンに見えますが、そこはラーメン歴30年オーバーの店主ですのでスープはなかなか仕上げていて、化学調味料に頼りがちなG系とはちょっと違うぞってのはアピールしたいと思います。

そして!

このカドの立った極太麺が筆者の好みでして、食べ応えも含めて満足出来る一杯だった事を報告しておきましょう。

ご馳走さまでした!

『チャーシューメン大盛』総評

ま、すでに八王子『ホープ軒』の味は知っているので、喜びしか無い事は分かっていたのですが、やはり大盛りとなると結構な食べ応えですので、それなりコンディションを整えてからでないと駄目かと思った次第です。

そう言う意味では体調もしっかり整えて『ホープ軒』に来ないと駄目な予感でして、「こんなに脂摂ったら体に悪いな~健康診断大丈夫かな~」みたいなヒヨったモチベーションで食べても、まったくもって『ホープ軒』の美味しさは分からない可能生……あると思います。

逆に、健康状態が優れていて「今日はちょっと脂摂っちゃおうかな~」みたいなフィーリングの時は、まさに『ホープ軒』こそ至高の一杯でして、やはり料理を美味しく食べる為には体調管理も大事かなと。

ちなみに今回の『チャーシューメン大盛』は麺2玉ですが、『ラーメン』の方とは倍率が違うっぽいですな。

ノーマルの『ラーメン』の方は”中盛り2玉、大盛り3玉、特盛り5玉”らしいので、ちょっと特盛りとか普通の人には無理ゲーだと思います。

ですので、そこまでボリュームにこだわらずに、あえて『チャーシューメン大盛』くらいでセーブしておくのが賢者の選択と思われ、筆者的にもオススメで御座います。

と、言う訳で八王子の『ホープ軒』はガッツリ行きたい時にはマストですので、たまには『野猿二郎』をスルーして食べに行ってみて下さい。