八王子の『ホープ軒』で背脂ガッツリな味噌ラーメンを食べる冬の日

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『ホープ軒』@帝京大学ら辺

東京都八王子市大塚495-1 エスポアールエイシン

営業時間 11:00~15:00 17:30~23:00

定休日 不定休

『ホープ軒』Googleマップで表示

味噌ラーメンってどうでしょう?

鬼大雑把にラーメンを分けると”醤油、塩、味噌”になると思うのですが、ほぼほぼ醤油派と塩派で世を占められている感じでして、「味噌ラーメンが一番好き!」って人はマイノリティーである可能生……あると思います。

しかし!

インスタントラーメンで一番売れているのは”サッポロ一番”の塩でも醤油でもなく、実は『みそラーメン』である事実……実に興味深いと思いませんか?

ちなみにとある資料によると1位のサッポロ一番『みそラーメン』は100万人辺りの売り上げ約623183円、2位のサッポロ一番『塩らーめん』は592387円、3位の『チキンラーメン』377776円となっております。

(逆に1人辺り年間、ポロ味噌にすら6円弱しか使ってないとか少なくね?)

って事は、表向きは「塩ラーメンこそ至高!」とか「やっぱラーメンは醤油っしょ?」みたいな事を言いながらも、実は家では”ポロ味噌”ばかり食べている隠れキリシタンみたいな輩が少なくない、もしくは気が狂うほどに”ポロ味噌”が好きで常人の3倍、ないし4倍のサッポロ一番『みそラーメン』を消費している狂信的な信者が居るって事になりますな。

つまり!

さして当サイトでもヒットしない”味噌ラーメン特集”みたいな記事も、実は潜在的な需要で言えば通常のラーメン記事を上回るポテンシャルを秘めているって可能生もある訳でして、ココはひとまず書いてみたらいいじゃない。

『味噌ラーメン』800円

そんなこんなで、どうでしょう?

枕(前説)が長すぎて『ホープ軒』のホの字も出なかったパターンですが、今回は八王子の『ホープ軒』の味噌的なラーメンをチョイスです。

ん~……『ホープ軒』言うたらわりとボリューム満点な奴をイメージしていたので、あえての普通盛りで勝負に出たのですが、これって普通の味噌ラーメンじゃん?

まあ、大盛りでも味は同じなので記事の目的は達成されると思うんで、コレはコレで良しとしましょう。

さて、気になる味の方ですが白味噌ベースの豚骨スープって感じでして、豆板醤的なアクセントが気になりますな。

ちなみに『ホープ軒』(八王子ですが)と言えば”背脂ガッツリ豚骨ラーメン”みたいな感じですので、「コレはニンニク必須だろうが?」みたいな決め打ちをしようと思った所、店主から「あ~ソレ、ニンニクかなり沢山入っているから入れなくても大丈夫だよ!」みたいな忠告を頂きました。

すでに豆板醤的なアイテムもあるので、つまりこの『ホープ軒』の『味噌ラーメン』に関してはなんのチューニングも必要ない……そういう事でしょうかね?

実際、かなりのニンニク感と背脂感が病み付きになる味でして、コレは結構好きな人が居るんじゃないのかな~と思うのですが、やはり八王子の『ホープ軒』でも味噌はあまり出ていないっぽく、この感動に共鳴出来る仲間は少ないかなと。

麺は他のラーメンと共通?(ちょっと細め縮れ入り?)なので特別感はありませんが、何故か今日はグラフィック的に湯気多めであった事を報告しておきましょう。

ん~……でも過去の写真と比べるとやっぱ微妙に違うかな?

そして!

中盤以降、豆板醤的なアイテムを溶かす事で辛さと味噌度がUPするので、ここら辺からが『ホープ軒』の真骨頂かと思います。

ご馳走さまでした!

『味噌ラーメン』総評

味噌ラーメン的にはイケてたので個人的には有りかなと思うのですが、やはり店主の反応と他のお客さんのオーダーを考慮すると、ぶっちゃけ『ホープ軒』でも味噌派は少な目な可能生……あると思います。

ま、そんな筆者ですらやはり八王子『ホープ軒』はフツーの奴の方が好きかな?ってのが正直な感想でして、この『味噌ラーメン』は普通の味に飽きた時に食べる”KGTラーメン”(普通の味に飽きた”神々の戯れ”的ラーメン)って事でFAで御座います。

つまり、今回のデータからも分かる通り、やはりラーメン界隈では味噌ラーメン派ってのはマイノリティー確定でして、インスタントラーメンでの販売比率と実ラーメン店舗での格差を考えてみた結果、ひとつの答えが出たのであえて言おう!

「味噌ラーメン好きはムッツリラーメン派であると!」

実は超スケベなのに決して表にはエロスを出さない”ムッツリスケベ”に通じる二面性を持つのが”味噌ラーメン派”との結論にいたり、今後はスーパーでポロ味噌を買ってる人を見る度に「あの人、外ではラーメン食べないけど家では気が狂うほどラーメン喰ってんだろ~な~」みたいな醒めた目で見てしまう可能生は否めず、インスタントラーメンで何を買うのか?ってだけで人格まで決めつけてしまいがちになる自分が怖いと思った次第です。

と、言う訳で今回の記事も低調な数字で終わる予感しかないのですが、こうして隠れインドアムッツリ即席味噌ラーメン派に対して「外に出ればもっと美味しい味噌ラーメンの世界が待っているよ!」みたいな扉を示してみるのも当サイトの使命かなと思うので、今後も気が向いたら味噌ラーメンを積極的に食べてみようと思ったり思わなかったりしますかね?

ちなみに本日、雨が降ったり雹が降ったりとビミョーな天気でしたが、ワークマンの”イージスリフレクト”を着ていた筆者は無傷であっと事も報告しておきましょう。

あ、あと大事な事を最後に言うパターンですが、あえて言おう!

「入り口にある券売機が一台だけになったと!」

何を言ってるのか分からないと思いますが、分かる人には分かると思うので、分からない人は当サイトの過去記事を読んでみたらいいじゃない。

そんな感じで『ホープ軒』の味噌ラーメンは良いモノですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事