『とんかつ赤城』のポークソテーも食べて欲しい。切実に。@相模原

『とんかつ赤城』千代田ら辺

神奈川県相模原市中央区千代田4-1-10

営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00

定休日 月曜&第三火曜日

『とんかつ赤城』Googleマップで表示

いつもカツカレーしか食べない奴!

『とんかつ赤城』に行く時は「今日は何を食べようかな~」みたいなフィーリングなのですが、いざ注文する時になると、ついつい『かつカレー』(1000円)をオーダーしてしまう可能生……あると思います。

いや、実際に『とんかつ赤城』のカツカレーはコスパ高いですし、豚カツとカレーをエンジョイ出来て確実満腹になるので、他の選択肢を選びにくいんですよね~

だが、しかし!

そうそうカツカレーばかり記事化出来ないので、ココはひとまず鋼鉄の意志でカツカレー以外のメニューをオーダーしてみました。

『ポークソテー定食』1630円

そんなこんなで、こんな感じ!

とりあえず……娘さんが盛り付ける時はキャベツが量多いので、初見であれば「キャベツ少な目で!」のコールは必須でしょうか?

もっとも野菜不足の肉食系男子であれば、このくらいのキャベツは食べるべきですし、御飯さえお替わりしなければデブにとって、どうと言う事は無いと思います。

基本、豚カツ屋さんなのでAGEてく方向が正解なのですが、わりと『とんかつ赤城』ツウと言うか常連の人がオーダーするのが、コチラの『ポークソテー』(単品1300円)でして、調理中のニンニクの香りに惑わされる人も少なくないんじゃなかろうか?

そして!

そのボリュームばかりに目が行ってしまいがちですが、何気にこのロースの厚さに注目して欲しいですね!

まあ、ここまでのポークソテーは滅多に出会える訳もなく、さすがは『とんかつ赤城』かなと。

気になる味の方ですがニンニクがガッツリ利いた醤油ダレも最高でして、まさに至高のポークソテーで御座います。

これは自然と”オン・ザ・ライス”が捗りますな!

この脂身の部分が特に美味しいので、豚カツにするよりも豚肉としての美味しさを、よりエンジョイ出来ると思います。

キャベツの方もあえてドレッシングは使わずに、コチラの特製ダレに絡めて食べるのが、より『とんかつ赤城』らしいかなと。

ご馳走さまでした!

『ポークソテー』総評

『とんかつ赤城』は行列店ですので、どうしても遠征組は手堅いカツカレーとか『特選ロースかつ』(単品1300円)をチョイスしがちですが、時にはメニューを開拓してみるのも一興かと存じます。

ま、筆者とか『とんかつ赤城』の前は良く通るので、平日の夕方とか空いてるタイミングですっと入って新規開拓とか出来るので、環境的に恵まれているってのも有りますが。

と、言う訳で今すぐって訳ではありませんが、時間をかけて『とんかつ赤城』の全メニューを制覇してみるのも面白いかなと思った次第でして、今後もちょいちょい『とんかつ赤城』を記事化しようと思います。

そんな感じで『とんかつ赤城』の『ポークソテー』はマニアであれば食べてみるべきですし、むしろコレを食べずに『とんかつ赤城』をドヤ顔で語るとか有り得ないと思うので、是非みなさんも食べてみて下さい。