【横浜】らーめん家『せんだい』で美味しい家系ラーメンを食べる【本店】

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

らーめん家『せんだい』鶴ヶ峰本店

神奈川県横浜市保土ケ谷区川島町1496

営業時間 11:00~21:00

定休日 火曜日&年末年始

『せんだい』Googleマップで表示

やっぱ家系ラーメンっしょ?

ま、個人的にはラーメンショップも捨てがたいのですが、やはり横浜ら辺に行ったならサンマーメン、もしくは家系ラーメンを食べたくなりますな!

で、サンマーメンも嫌いじゃないのですが、生来のキャットタンですので苦手意識が無くも無い訳でして、結果として家系ラーメン1択になる筆者です。

と、言う訳で大好きな『寿々喜家』(寿々㐂家)で食べた後、どこで食べるかを考えてみた結果、前から気になっていた『せんだい』に決めました。

『せんだい』は支店もあるのですが、やはりラーメンは本店で食べて評価しないと駄目かなって思うので、そこは頑張って本店に行く感じで!

もっとも保土ケ谷バイパスを利用するのであれば、『寿々喜家』からの帰り道にあるとも言えなくない『せんだい』ですので、意外とセットで連食する人は多いんじゃないでしょうかね?

『とんこつ醤油ラーメン並』680円

結果、こんな感じで。

『せんだい』は”醤油、味噌、塩、唐辛子味噌”とスープと言うかタレが選べるのですが、やはり家系?であれば醤油かなと。

ちなみに『せんだい』は最新式のタッチパネル券売機が採用されていて、お好み(麺の茹で加減、味、油)が券売機で選べるのはナイスだと思います。

ま、筆者はどうせ普通ですので、口頭でもそんなに手間では無いのですが。

さてさて。

ビジュアル的には家系ラーメンの王道って感じでしょうか?

しいて言うなら長ネギの輪切りがチョイと入っているのは珍しいかもですね。

気になる味の方ですが……かなり濃厚な豚骨スープかなと。

実際、ライト系と呼ばれる『寿々喜家』の後に食べると、その濃度の違いにビックリします。

ってか、多分に家系ラーメンとしても濃度&ブリックス(粘度)は高い方と思われ、まさにガッツリ系な家系ラーメンかなと。

と、同時に雑味は意外と少なくて、非常に丁寧に作られているスープかなって印象で御座います。

ちなみに公式サイトによりますと、タレには”きびなご”も使っているとの事でして、さりげなく魚介風味もプラスされている模様。

もっとも、このブッ濃い豚骨スープに合わせてしまうと、言われなければ分からないレベルの魚感ですので、ほぼ普通に家系ラーメンとしてエンジョイ出来ると思います。

麺は普通の家系よりも平打ち気味な麺でして、将来的には自家製麺に切り替えたいみたいな事も書いてあったので、どこかのタイミングで変わるかもですね。

ってか、別に今の麺でも美味しいと思うので、特に自家製麺に変わるまで待つ必要もないかなと。

ご馳走さまでした!

『とんこつ醤油ラーメン並』総評

最近は値段が上がって少なく盛られがちな”ホウレン草”も良い感じですし、スープの量もしっかりあるので、なかなかコスパの高い『せんだい』だと思います。

と、同時に家系ラーメンのスープとしても上々、特にガッツリ濃い目な奴が好きな人にはマストなんじゃなかろうか?

もっとも、スープは濃ければ良いってモノでもなく、あくまでもラーメンとしてのバランス、と同時に食べる人の好みで左右されるので、そこら辺は食べる側次第なんですけれども。

と、言う訳でリッチ(濃い)な家系ラーメンを欲したなら、この『せんだい』はひとつの正解だと思うので、是非みなさんも食べに言ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事