ブログで使うデジカメなら「センサーサイズは1インチ」が妥当である!

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

今こそ『G1 X Mark II』じゃね?

多分、世界一酷使された筆者の『SONY DSC-RX100』ですが、過去に一度修理に出しているし、そろそろ2年超えで使っている為、かなりボロボロで御座います。

ま、ガチンコ取材の時は必ずカメラは2台持ってく事にしているのですが、普段は1台で済ませたいので、そろそろ後継機を買うタイミングかなと。

と、言う訳であれこれ調べて探して価格調査した結果、”Canon デジタルカメラ Power Shot G1 X Mark II”を購入しました。

Canon デジタルカメラ Power Shot G1 X Mark II 光学5倍ズーム F値2.0 PSG1X MARKII

ちょっとカメラに詳しい人なら『G1 X Mark II』が4万円なら買いってのは理解出来ると思うのですが、そうでない人だと「なんで4年前のカメラを4万円で買ってんの?情弱なの?」って感じだと思うので、今回は何故筆者が『G1 X Mark II』に決めたのかを長々と語っておきましょう。

「正直、安かった」

勿論、キャノンのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)のフラッグシップ(最高峰)の血統、レンズの画角、性能、明るさ、フォーサーズを上回りAPS-Cに近いセンサーサイズ等々、機能的な面も筆者の要求を満たしていたってのはありますが、あえて言おう!

「枯れたデジカメお買い得であると!」

ま、そう言った意味では『RX-100』も古いデジカメでして、お値段がぐっとリーズナブルになってから買った訳ですが、やはり値段の高い最新機種よりも「一昔前の高性能なデジカメが安く買える」って事で、古いデジカメも新品なら選択肢に入るかなと。

ここら辺、これまたカメラをやらない人には「最新機種の方が性能が良いに決まってるでしょ!」と思うでしょうが、デジカメ黎明期ならともかく、すでに大きな技術革新も滅多になく、熟成期とも呼べる時期になった今のデジカメ界隈、そんなに「カメラとしての大きな性能の差は無い」って事は知っておいた方が良いと思います。

勿論、新しい機種の方が画像処理エンジンも最新ですので、オートフォーカスの精度が良かったり速かったりはしますが、そこら辺はデジカメ次第って面もありまして、新型だから2倍、3倍速いって訳ではありません。

しいて言うなら「4K動画が撮れる!」みたいなメリットはありますが……4K動画って必要です?

確かに綺麗な動画ではありますが、その分だけファイル容量もまんまデカいので、よほど素敵な動画を残すんで無ければフルHDで十分かなと。

ま、4K動画が撮れるって事はフルHDでも録画出来るので、対応してるに越した事は無いかもですが、筆者的には絶対使わない機能です。

(あと数年は使わない予定)

むしろ、デジカメと言うかカメラの基本である「綺麗な写真を撮りたい!」ってポイントこそ一番大事な部分でして、筆者的にはソコを重視して『G1 X Mark II』を買った訳ですな。

今の所、まったくもって気に入った『G1 X Mark II』ですが、この大きさだけは微妙ですな……。

ミラーレスの『キャノン EOS M』と比べても、デカいくらいのコンデジって一体……。

スポンサーリンク

関連記事