『ステーキ宮』正直”宮のたれ”の使い方を知らんままハンバーグ食べた@町田

町田,焼肉&ハンバーグ

『自家製ハンバーグランチ』税抜き1590円

こんな感じで、どうでしょう?

『自家製ハンバーグランチ』はレギュラー200g(税抜き790円)とジャンボ300g(税抜き1190円)、ポンド450g(税抜き1590円)のサイズが選べるのですが、やはりハンバーグと言うか「肉は1ポンドからが本番!」みたいな原則に則るのが正義だと思います。

ま、流石に1ポンド(約450g)ですので、かなりのボリューム感ですが、あえて言おう!

「なんか焼けるの早くないですかと!」

いや……確かに料理の提供スピードが速いのは素晴らしい事だと思いますが、筆者が知っている1ポンドクラスのハンバーグって、焼くのもそれなり時間がかかる様な気がする訳でして、このスピード感は一体……。

まあ、ちゃんと火は通っているので問題ないのですが、それなり肉料理をしている筆者的にはモヤモヤが残る案件で御座います。

サイドはスパゲティーとポティトゥ。

とりあえず初見ですのでタレを使わず、プレーンのまま食べてみましょうかね?

ん~……まあ、可も無く不可も無しに普通なハンバーグでしょうか?

ちょいちょい粗挽き感もあるし、ハンバーグ的には特にディスる要素は皆無です。

と、言う訳で次は”宮のたれ”を使って食べようと思ったのですが、あえて言おう!

「この食べ方は間違っているらしいと!」

なんでも”宮のたれ”は生野菜とか生の素材で出来ているので、鉄板でジュージュー言わしながらタレも加熱するのが正解だそうです。

(自己調べによる)

マジか!

そういうのは食べる前に知りたかった気がする筆者ですが、まあ『ステーキ宮』初心者ですので仕方無いじゃない?

”宮のたれ”は鉄板で加熱すると生タマネギの辛さが抜けて甘みが出たり、ニンニクの香りが引き立つそうで……。

ま、さして『ステーキ宮』に思い入れの無い筆者的には”フーン案件”でしか無いのですが、ソレが『ステーキ宮』のオフィシャルな食べ方らしいので、一応は覚えておいたらいいじゃない。

もっとも”宮のたれ”は加熱しない方が酸味も生きているので、脂の多いハンバーグには酸味があった方がサッパリ食べれて有り難い為、個人的にはこの食べ方でも美味しく頂けた訳ですが。

(負け惜しみではない!)

気になる味の方ですが……まあ、流石にタレの美味しさもあるので、なかなか良い感じのハンバーグでしょうかね?

とは言え、『おさ』の(略

ご馳走さまでした!

『自家製ハンバーグランチ』総評

なかなか良い感じの『自家製ハンバーグランチ』だったのですが、欲を言えばもうちょい牛肉感が欲しいとも思ったので、もしかしたら正解は牛100%の『宮ハンバーグポンドランチ』(450g税抜き1890円)だったかも知れません。

もっとも、そうなると税込み2000円超えるので、筆者の予算と言うか財布ヂカラでは予算オーバーな訳でして、今の段階ではノーチャンスで御座います。

ま、ライスもお替わり出来るしスープも飲み放題、多分にスープバーのカレーも食べれちゃう事を考えるとリーズナブルかもですが、筆者みたいにピュアな気持ちでハンバーグに向き合いたい”ハンバーグガチ勢”にとってはノイズでしかなく、まさに蛇足の極みでして、ぶっちゃけ「その分安くしろ!」感も芽生えるのですが、世間一般的にはそういうオプションがあると魅力的なんですかね?

みたいなモヤモヤはあるものの、まあハンバーグ450gでライス付き2000円以内なら普通かなって思うし、店内も駐車場も広いのでやはりファミリー層にはウケるかなと思った次第でして、そこら辺でワンチャンでしょうか?

今回は1ポンドにこだわったので値段もそれなりですが、日替わりランチとかならリーズナブルですし?

と、言う訳で個人的には「まあまあかな?」みたいな小並感な感じですが、チェーン店の中から選べって言われたら『ステーキ宮』も有りだと思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。