『丸亀製麺』”うま辛MAX坦々うどん”の一番辛い100辛を食べた結果@相模原

『丸亀製麺』相模原中央店

神奈川県相模原市中央区中央1-5-3

営業時間 11:00~22:00

定休日 無休

『丸亀製麺』Googleマップで表示

『丸亀製麺』どうでしょう?

当サイト、恐らく『丸亀製麺』の記事は初となると思うのですが、個人的にはチェーン店ではあるものの、『丸亀製麺』の”うどん”は美味しいな~と思っています。

もっとも、それ以上に美味しい地域密着型の個人店を知っているので、さして『丸亀製麺』で食べる機会も無い訳ですが、あえて言おう!

「迂闊にも見てしまったと!」

なんとなく『丸亀製麺』の公式サイトを眺めていたら、なんか『うま辛MAXタンタンうどん』みたいなのを発見してしまいました。

ま、なんなら見なかった事にして全てを無かった事にするのも有りですが、まあこういう地雷案件に向かって万歳突撃するのも当サイトの使命かなと思ったので、意を決して行く事に。

そして!

何気に激辛料理は嫌いじゃないと言うか得意でして、わりと激辛料理は食べて来たので、そこまでの不安はありません。

と、言う訳で家を出る前”自家製ヨーグルト”をガッツリ食べて、まずは胃と腸を守る為の備えをします。

ちなみに『丸亀製麺』相模原中央店は駐車場も広いのでオススメで御座います。

ってか、そう言えば昔はここら辺にアイドルの名が付いた焼肉屋さんが在りましたね~

さらに!

緊急事態に備えて『丸亀製麺』に備えてある自動販売機のメニューを確認しておきました。

本当に辛いと水はなんの役にも立ちませんからね~

ちなみに今回の『うま辛MAX坦々うどん』は”追い辛”が可能でして、”特製辛みペースト、香味ラー油、カイエンペッパー、花椒粉”の4種類で辛さと痺れをうんちゃらかんちゃららしいです。

さらに!

”WEB限定裏メニュー”的なのが有りまして、スマホの画面を掲示する事でオーダー出来るデジタルチケットが必要な模様。

で、注意書きと言うか利用規約みたいなのをクリックしないと注文出来ないシステムでして、「体調悪くなっても責任は取らないんだからね!」みたいな内容が書かれています。

まあ、訴えられた時の為の予防線みたいなシステムだと思いますが、なかなか賢いな~と関心してみたり?

一応、20辛までは口頭で注文出来るので、そこら辺までは”安全な辛さ”って事だと思います。

しかし!

あくまでもネタとして、かつ情報として考えた場合、当サイトが食べるべきは”うま辛MAX”(100辛)でして、筆者に選択する権利は無い可能性……。

一応、手順通りにスマホの画面を見せてオーダーするものの、受け付ける店員さんの方も「マジっすか?」みたいな空気感でして、思ったよりも……いや、思った通り100辛を注文する人は居ない模様。

ん~……確かに間違えたら困るし、見た目じゃ分からないから専用の札を用意するよねw

ま、今回は辛さがテーマですので『丸亀製麺』の天麩羅もノイズでしか無いのですが、多分に味的に飽きてしまうと予想したので、筆者の好きな『かしわ天』(150円)、『ちくわ磯辺天』(120円)も合わせてみたのですが、あえて言おう!

「うどんで2000円超えだ……と?」

おいおい。

アラブの石油王だって、もう少しコンパクトなスイングを心掛けるだろうって金額ですが、辛さをUPするだけで1000円掛かっているので、合計2020円って金額も認めざるを得ないでしょうか?

ってか、うどん本体よりも高いんじゃね?