『らあめん一慶』にんにく入りらあめん的なラーメンを食す!@相模原

『らあめん一慶』南区文京

神奈川県相模原市南区文京2-24-7

営業時間 11:00~14:30 17:30~21:30

定休日 火曜日

『らあめん一慶』Googleマップで表示

圧倒的”町中華”特集!

相模原市のラーメン平均価格を調べる為に、ほぼ全てのラーメンの値段を調査したのですが、普段は気が付かない様な地味な町中華の多くが、今でも安価でラーメンを提供している事実を再確認した訳ですので、あえて言おう!

「今、食べるべきラーメンがそこにあると!」

どっかで聞いた風なセリフですが、まさにそういう事で御座います。

多くの町中華は昭和の時代から我ら庶民の友と呼べる存在であり、地域に密着して営業している感じでして、まさにこれら町中華は「相模原市の一部」と言っても過言ではありません。

と、言う訳で滅び行く町中華に敬意を表して、今あらためて相模原市の町中華を巡ってみたりして?

まあ”滅びる”ってのは大袈裟な表現かもですが、実際に平成の時代に新規オープンした中華料理の個人店って物凄く少ない可能性……あると思います。

つまり、昭和世代の町中華の店がもしも後継者が居なかったり、店舗の老朽化等で閉店してしまった場合、令和な時代の今、新規オープンする個人経営の中華料理屋さんってのも滅多に無いと思われ、せいぜいチェーン店が新規オープンするくらいでしょうか?

勿論、すでに2代目が活躍している町中華も相模原市には何軒かあるので、全ての町中華が消えて無くなる訳ではないと思うのですが、減少傾向に歯止めが掛かる要素も無いので、そう遠くない未来に”町中華”って言葉もろとも消えてしまう可能性もゼロでは無いです。

ここら辺、時代と言えば時代ですが、昔は相模原にも存在していた”屋台ラーメン”みたいなのが全滅した経緯もあるので、大袈裟な話でもないかなと。

と、言うリアルを脳味噌にブッ込んでから、身近な町中華の店に行ってみたら良いと思います。

ちなみに『らあめん一慶』も地域密着型の中華料理店でして、お客さんもほぼ常連のみみたいな感じでしたね。