【新規】町田『清勝丸』濃厚つけ麺的なのを食べてみた【オープン!】

『濃厚つけ麺 中』840円

こんな感じで、どうでしょう?

券売機の一番上の段にあるくらいですので、コレが『清勝丸』のイチオシだと思うんですよね~

ちなみに小は茹で前200g、中で300g、大で400g、特大で500gですが、それぞれ60円づつ値段もUPするので、大盛り無料の店と比べると割高感は否めません。

ま、ちょっと小食な人なら小、普通の人なら中でお腹一杯になると思うので、余程で無ければ大や特大には行かないでも平気かなと。

極太麺と言うだけに、なかなかの太さでして食べ応えは有りそうですな!

さて。

スープの方はてっきり昨今の流行りと言うか王道である”濃厚魚介豚骨”かと思っていたのですが、むしろ”濃厚豚骨魚介”とか、なんなら濃厚豚骨にチョイ魚粉くらいな感じでしょうか?

一応はカツオ節をフュージョンしてるらしいのですが、そこまで魚介感は無いと思います。

割合的には豚骨8割くらいに感じました。

具の方はネギ意外は見えませんが、一応はチャーシューの小さいヤツが4個前後と、メンマが少々入ってます。

とは言え、中サイズでも深刻な”具材飢饉”に陥るので、やはり要トッピングな仕様なんでしょうかね?

気になる味の方ですが、そのまま濃厚な豚骨風味でして、個人的にはまあまあイケそうな気がしないでも無いです。

とは言え、なんか見た目のドロ感に比べて”豚骨感”はリーンですので、そこら辺はアレなのかな~って。

実際、相模大野のナイスな家系の”つけ麺”とか、相模原のナイスなG系のに比べると豚骨感が半分も無いのは謎ですな~

麺の方はそれなり加水率も高めですので、そこまでスープを吸う訳でもないし極太麺ですので、確かにこのくらいのドロ感と言うかブリックスは必要かと思いますが。

ちなみに『清勝丸』はスープ割りとかも可ですので、欲する人は利用してみたらいいじゃない。

ご馳走さまでした!

『濃厚つけ麺 中』総評

筆者、そんなに具沢山なラーメンじゃないとイヤだって人では無いのですが、なんかこの『濃厚つけ麺』は何かしら物足りない感を覚えました。

いや、麺量的には足りてるのですが、途中で飽きちゃったみたいな?

まあ、そこら辺は個人の好みって世界でもあるので、この『清勝丸』が大好きって人も存在するのでしょうが、デフォの具がメチャ少ないのと味変はほぼ不可、よしんば卓上にあるニンニク……って感じでも無いので、やっぱ最後までモチベーションが続かないかな~。

トッピングで変化をもたらすとしても、ベースの値段も安くは無いので、ココにトッピングを加えてしまうとコスパが微妙。

と、言う訳で個人的には響かなかった『濃厚つけ麺 中』ですが、この『清勝丸』は様々なラーメンがあるので、他でワンチャンあるかもですので、町田勢はとりあえず1回くらい食べに行ってみて下さい。