【日清】『京都こってり鶏白湯』的カップラーメンを雑レビュー【麺NIPPON】

「日本の麺を楽しもう。」

みたいなキャッチフレーズで”日清”から発売されている、”麺NIPPON”シリーズ的なヤツの『京都こってり鶏白湯』を買ってみた次第。

ま、カップラーメンとか”ワークマン”のネタは本業ではない説も有りますが、枯れ木も山の賑わいと言いますし、町田や相模原の記事と違って、それ以外の地域に住まう人々にも有効なネタですので、チェーン店の飲食店も含めて書いたら書いたなりに、そこそこ読まれる可能性……あると思います。

と、言う訳で夜も小腹が空いた時とか、こんな感じでカップラーメンを食べつつ、ネタにするみたいなパターンでして、今後もちょいちょい出て来るぞと。

『京都こってり鶏白湯』

正直、カップラーメンってネタ切れに困る事は絶対にないくらい、次から次へと新商品が出るので、何を基準に選んでいるのかっちゅう話ですが、あえて言おう!

「なんとなく美味しそうだからであると!」

もしくは、真逆で美味しく無さそうだけれどもネタ感が満載のヤツとか?

ちなみに今回はガチに「これは美味しそうじゃない?」みたいな感じで選んでみた次第でして、微妙に「なんで京都で鶏白湯?」と思いつつも買っちゃいました。

ん~……『天下一品』は滋賀県が本社だしな~

ってか、良く考えたら関西のラーメンとか全然ワカランので考えるだけ無駄なんですけども!

中身は大体、こんな感じ。

わりと一般的な”調味オイル、粉末スープ、かやく”みたいな構成ですね。

麺の方はノンフライ、ぱっと見た感じだと美味しそうな予感で御座います。

”かやく”の方はメンマとネギは目視で確認出来るものの、肉的な何かは見当たりません。

湯を入れてみても……肉は無さそうな?

ま、何はともあれ4分待ちましょう!

いざ実食!

4分後は、こんな感じ。

ん~……やっぱ肉は無いのかw

まあ、ぶっちゃけカップラーメンのチャーシューとかって、肉っぽい何かだったり、普通に肉じゃない材料でソレっぽく作ってるだけだったりもするし、量的にもスゲー少ないので、入ってなくても損した感は無いんですけれども、それでも入れておくのが業界のマナーと言うか礼儀みたいな感じでして、それを廃したのは逆に潔いかもですな。

スープ入れま~す!

結構、良く混ぜてみたら、こんな感じになりました。

ん~……香りはなかなかラーメンとして美味しそうな感じでしょうかね?

気になる味の方ですが……美味しいじゃない?

確かにしっかりしたコッテリ鶏白湯って感じでして、多分に鶏白湯のカップラーメンってジャンルなら、ピカイチの仕上がりだと思いますね!

麺の方もそれなりコシがある感じでして、食感もなかなか良好で御座います。

ご馳走さまでした!

『京都こってり鶏白湯』総評

あえて有名店とのコラボとかを謳ってはいませんが、なんとな~くイメージとしては『天下一品』の”あっさり”を狙ったのかな感も無きにしも非ずでしょうか?

ま、鶏白湯ですので、そこら辺は自ずと寄ってく訳ですけども。

と、言う訳でコッテリな鶏白湯のカップラーメンとしてオススメ出来る『京都こってり鶏白湯』ですので、是非みなさんも食べてみて下さい。