『一平家』家系ラーメンの店で食べるスパイシーカレーの味@相模原

『スパイシーカレーライス』700円

こんな感じで、どうでしょう?

まあ、普通っちゃ普通ですが、それとなく”海苔”とか”ホウレン草”的なアイテムで、なんとなく家系をアピールしてる感はあって面白いと思います。

勿論、面白いのと味は別問題ですが!

え~、一応は『一平家』のPOPを引用しておきますと「約20種のスパイスと自慢のとんこつスープで作ったこだわりのスパイシーカレーです。」との事。

って事を、脳味噌にブチ込んだ上で実食シークエンスに移行します。

ん~……まあ、カレー的にはそれなりの味ですが、今はカレーも進化しているので、このくらいの味ですと美味しいを連呼するには到らないってのが、正直な感想でしょうかね?

とは言え、確かにルーの中にクミンシードとか確認出来るので、それなりちゃんと作っているのかもですが、昨今の”スパイシーカレーガチ勢”に比べると、まあ定食屋さんのカレーとドッコイ感は否めません。

ま、それなり研究と言うか練習して試行錯誤してる感はあるので、まだまだ『一平家』のカレーも美味しくなるとは思うのですが、今のところは”ギャバンのスパイス粉から作るカレーセット”に負けてるレベルかなと。

もっとも、あのギャバンのカレーセットが神な可能性は否めませんけども。

しいて言うなら、ホウレン草は普通としても、海苔とカレーの組みあわせは人生初の体験だったので、そこら辺を経験してみたい人にはワンチャンあると思います。

ご馳走さまでした!

『スパイシーカレー』総評

と、言う訳でスパイシーなカレーだけに辛口評価な予感ですが、確かにラーメン屋さんのカレーだからって事でオブラートに包む事も可能ですが、逆にその程度のカレーで満足していて『一平家』が生き残れるのかっちゅうたら……無理かなと。

むしろ、このカレーを食べに遠征して来る人が現れるレベルで無ければ、今の不利を覆す事は出来ないんじゃなかろうか?

いや、まあ別に『一平家』は窮地に陥ってる訳じゃないかもですが、ぶっちゃけ『一平家』云々ではなく、相模原&町田を取り巻くラーメン的な界隈自体が、競争的に厳しくなってるぞって事ですよ。

そんな感じで、現状ですと食べても食べなくってもとは思うものの、やはり『一平家』が好きな人なら必食だと思うし、今後の成長を期待する意味も含めて1度くらい食べてみるのも一興ですし、なんなら『カレーセット』(ラーメン+ミニカレー1050円)みたいなのもワンチャンあると思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。